筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?

筋肉を大きく(筋肥大)させるには1RM(最大で反復できる重量)の70~80%程度の重量を、6~10回程度反復するのが最も効果的です。

筋肉は筋線維という細い繊維の集まりで、【速筋線維】と【遅筋線維】が混在しています。

【速筋線維】は力が強くて持続力がない。
【遅筋線維】は力が弱くて持続力がある。

同じ走る運動であっても、強い力を短時間発揮する短距離選手は速筋線維が発達し、弱い力を長時間発揮する長距離選手は遅筋線維が発達します。
選手それぞれの脚を比べれば一目瞭然ですが、速筋線維は太くなりやすく遅筋線維は太くなりにくい特徴があるのです。

1RMの70~80%になる重りを扱う場合、主に働くのは速筋線維なので筋肉が肥大しやすくなります。

筋の収縮形態には、筋が短縮しながら力を発揮するコンセントリック収縮(短縮性収縮)と、筋を伸張させながら力を発揮するエキセントリック収縮(伸張性収縮)があります。

例えば、ダンベルを持って腕を曲げ伸ばしするアームカールでは、腕を曲げる動作がコンセントリック収縮で、腕を伸ばす動作がエキセントリック収縮となります。

筋肉を大きくするには『エキセントリック収縮』を意識して行うと良いでしょう。

筋をブレーキとして使う『エキセントリック収縮』は、筋の微小損傷と遅発性筋痛(筋肉痛)を起こしやすいのです。
損傷後の筋肉を超回復させることで筋肥大が期待できます。

また、『エキセントリック収縮』は速筋線維から優先的に動員されることも明らかになっています。
確かに筋をブレーキとして使うのであれば、収縮の速い速筋線維から使ったほうがより安全でしょう。

筋トレは、やり方によって効果が変わってきます。
自分の目的にあった正しいやり方で、効率良くトレーニングを行いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-3

    高齢者の歩行と注意

    2つ以上の課題に対して注意を分割する能力は、多くの日常的活動を行っている最中に移動運動を行う場合に重…
  2. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  3. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  4. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  5. 2017-2-5

    筋肥大を促すホルモンを分泌するために

    筋肥大を促す代表的な物質には、成長ホルモン、テストステロン、インスリン様成長因子ーⅠなどがあります。…
ページ上部へ戻る