脊柱側彎症とは

脊柱側彎症は、3平面、特に前額面と水平面での彎曲の異常で特徴づけられる脊柱の変形です。

変形は胸椎に生じることが多いですが、脊柱のほかの領域にも生じることがあります。

通常は、機能性の側彎症あるいは構造性の側彎症として定義されます。

機能的脊柱側彎症は、姿勢を能動的に変化させることで矯正されますが、構造的側彎症は、変形が固定されており、姿勢を能動的に変化させることでは完全には矯正されません。

構造的脊柱側彎症のおよそ80%が特発性とされますが、これは明確な生物学的原因もしくは機械的原因がないということを意味します。

進行性特発性脊柱側彎症は、理由は不明ですが、男性よりも青年期の女性に4倍多く、とりわけ、成長加速が激しかった人に多く発症します。

全体的にみると、10歳から16歳までの青年期の約2〜3%が10°を超える側方彎曲を示します。

青年期特発性脊柱側弯症の原因についてはいくつかの議論がなされており、これには、身体の両側対称性の自然に生じる僅かな違い、例えば椎体終板、横突間靭帯、繊維輪などの結合組織の不均等な成長あるいは異常な組織構造、脊椎への負荷の非対称性により、脊椎の成長が異常になり、椎間板のリモデリングが生じることなどが含まれています。

遺伝も何らかの役割を果たしていると考えられています。

構造的脊柱側彎症の症例の約20%は、神経筋疾患や筋疾患、外傷、あるいは先天異常で生じます。

病的状態の例としては、急性灰白髄炎や筋ジストロフィー、脊髄損傷、脳性麻痺などがあります。

これらの症例では、脊柱に作用する筋力が非対称であることで脊柱側彎症が生じます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  2. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  3. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  4. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
ページ上部へ戻る