反射神経とは

競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。

今回は「反射(反射神経)」について書いていきます。

実は、反射神経という名称の神経は存在しません。

存在するのは感覚神経と運動神経で、感覚神経が受容した刺激を脳が判断し、そこから筋肉に対して運動神経を経由して指令が送られることで私たちの身体は動く仕組みになっています。

しかし稀に、脳の判断・指令を待たずに、感覚神経で受容した刺激がダイレクトに運動神経へと伝達され、身体が動くことがあります。

たとえば熱いやかんに触ってしまったときに、瞬間的に手を引っ込める動作などがその一例ですが、こうした動作・現象のことを「反射」と呼びます。

このように、本来の「反射」というのは言わば無意識の動作のことなのですが、私たちが普段使っている「反射神経」という言葉はそうではなく、あくまでも意識して行う動作のことです。

「認識→判断→動作」という流れのうち、認識から判断までに要する時間が短いため、あたかも無意識の動作であるかのようにスピーディーであることから、「反射神経」と呼ばれています。

それでは、反射神経が良いと言われている人たちはなぜ、認識から判断までを短い時間の中で、かつ正確に行うことができるのでしょうか?

その秘密こそが、実は「動体視力」にあるのです。

野球のバッティングを例に解説!

野球 画像 動体視力に優れたバッターというのは、ピッチャーが投げたボールを、通常のバッターよりも数メートル先のところで認識することができると言われています。

つまり、そのぶんボールが手元に届くまでに時間の余裕があるわけですから、正しい判断に基づき的確な動作(バッティング)を行うことができます。

「反射神経を鍛える」というと、体の反応速度を高めるトレーニングをイメージしがちですが、そうではなく、動体視力を高めることによって素早く正しく認識・判断できるようにすることこそが、実は重要なのです。

反射神経を鍛えるためには、「認識→判断→動作」の流れを速く正しく行えるようにすることを意味します。

この一連の流れのスピードを高めるために、たとえばプロスポーツの世界では、指示出しフットワークというトレーニングが行われています。

指示出しフットワークというのは文字通り、出された指示に従って素早くフットワークを行うというもので、まさに指示を認識・判断してから動作(フットワーク)を行うまでのスピードが鍛えられるトレーニングと言えます。

「アスリートではないので、指示出しフットワークはちょっと…」という人には、もっと手軽に反射神経を鍛えることのできる方法もあります。

縦にした定規を上から落としてもらい、それを下でキャッチするというもので、キャッチした位置(定規の上の方か下の方か)によって自分の反射神経を測定することができるとともに、それを繰り返すことによって反射神経を向上させることもできます。

トレーニングで向上するのは「認識→判断」のスピード

さて反射神経を鍛えるというと、「判断→動作」の速度を高めるイメージがあるかもしれませんが、人間の身体能力には限界がありますので、実はこの部分ではそれほど大きな差は生まれません。

むしろ重要なのは「認識→判断」の速度の方で、人よりも早く認識することができれば、そのぶん判断も、そしてそのあとの動作も早く行うことができるようになります。

私たち人間は、視力によって、より多くの物事を「認識」しています。

つまり視力、そのなかでも特に動体視力を強化することによって、認識の速度を高めることができるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  2. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。人…
  3. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  4. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  5. 2015-3-9

    タンパク質のネットバランスとは?

    糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質…
ページ上部へ戻る