運動誘発アナフィラキシー(EIAn)とは

運動誘発アナフィラキシー(EIAn)とは、運動が引き金となって、じんま疹、呼吸困難、血圧低下、意識消失などのアナフィラキシー症状が出現する病気です。

運動の強さは必ずしも激しいものでなくても起きることがあります。

運動をきっかけに細胞からヒスタミンが放出されることで起きると考えられています。

運動の前に食事をするとEIAnをより起こしやすくすることが多く、これを食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIAn)と呼んでいます。

食べ物を食べてから2時間は運動を避けることで、FDEIAnはある程度予防可能ですが、症状が起きてしまった時には抗ヒスタミン薬や副腎皮質ステロイド薬を服用し、安静にすることが必要です。

非常に強いアレルギー症状が短時間に引き起こされて、じんま疹などの皮膚症状、気道の狭窄による呼吸困難、血圧の低下、意識障害などのいわゆるショック症状を引き起こすことを一般的にアナフィラキシーショックといいます。

運動誘発アナフィラキシー(exercise-induced anaphylaxis: EIAn)とは、運動が契機となってアナフィラキシー状態が引き起こされる病気です。

運動の強さは、バスケットやテニス、アメリカンフットボールなど、激しい運動により引き起こされることが多いのですが、散歩などの軽い運動で起きることもあります。

EIAnの症状は、運動の数時間前に食事をすることで起きやすくなり、これを食物依存性運動誘発アナフィラキシー(food-dependent EIAn: FDEIAn)と呼んでいます。

誘因となる食物は小麦関連製品が多いのが特徴です。

運動や食事がきっかけとなって、肥満細胞という、アレルギー反応で重要な役割を担う細胞からヒスタミンという物質が放出されます。

このヒスタミンが、気管支を収縮させて呼吸困難を引き起こしたり、血管透過性を高めて血管の外側の組織に体液を漏出させることで浮腫みや血圧低下を引き起こします。

食事の後で運動をすることで、食物中に含まれるアレルゲンの吸収を高めることも誘因の一つと考えられています。

運動中に症状が出現した場合にはただちに運動を止めて安静を保つことが大切です。

FDEIAnでは、食事の後2時間は安静にして運動をしないことも発作を予防する上で重要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  2. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  3. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  4. 2015-9-2

    脊柱のカップリングモーションと歩行

    脊柱にはカップリングモーションという機構があります。これは脊柱の動きは、カップル(二つ一…
  5. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
ページ上部へ戻る