胸椎のアライメント

上半身の動きで重要となる『胸椎のアライメント』。

非対称的な日常動作など何らかの原因で、胸郭に非対称性が生じます。
胸郭の非対称性は、胸椎の回旋及び側弯などもたらし、その結果、胸郭の可動性にも偏りが生じ、脊椎全体としての可動範囲にも制限をきたします。

脊椎の側弯・回旋アライメントの特徴は、上位由来の場合と下位由来の場合に分けて考える必要があります。
上位由来とは、頚椎や肩関節運動と関連して、上部胸郭の非対称性が生じることを意味しています。
上位由来の胸郭非対称性は、下位胸郭や腰椎アライメントへの影響は比較的小さく、上位胸椎のみに非対称性が生じます。
これに対して、下肢・骨盤・腰椎など下位脊椎に起こった非対称性は、顔面を水平かつ正面に向けるため、胸椎や頚椎において代償されます。
具体的には、腰椎の左凸の側弯は、胸椎の右凸の側弯によって代償されます。

●上位由来の脊椎非対称アライメント
上部胸郭の非対称的なアライメントや運動を長時間・高回数反復することは、上部胸郭の非対称アライメントを誘発し、頚椎や肩関節の運動にも支障をきたす場合もあります。

例えば、バイオリン奏者は、バイオリンを左肩と顎で固定し、左手では弦を操作、右手では弓を操作する動作を反復します。
その結果、頚椎・上位胸椎・肩甲帯・肩関節・などに非対称的なアライメントを
呈しやすく、肩こりや頚部の不快感が出現しやすい。右打ちのゴルファーは右手を下方にしてグリップするが、その状態でのスイング中の肩甲骨の運動により、右肩下がりの姿勢を呈しやすくなります。
上記のような頚椎や関節周囲の非対称的なアライメントには、上部胸郭の非対称アライメントが起こりやすくなります。

●下位由来の脊椎非対称アライメント
下肢の脚長差や股関節の可動域制限は骨盤の非対称アライメントを導き、その結果、仙骨の傾斜や回旋が誘発されます。その結果、腰椎側弯、胸郭の回旋など、上行性の代償が脊柱内に起こります。
このような状態は機能的側弯と呼ばれ、加齢とともに徐々に胸郭の可動性が失われ、また周辺の筋の緊張などによる不定愁訴が出現しやすくなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
  2. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  3. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  4. 2015-9-27

    運動後の筋疲労回復としての軽運動

    運動に疲労はつきものです。運動後に疲労を残さないために、さまざまな手段が考えられ、取り入れら…
  5. 2015-3-27

    疲労の回復を促進するには?

    前回は疲労の原因について書きましたが、今回は疲労の回復についてです。疲労の原因は活性酸素が細…
ページ上部へ戻る