温泉水について考える。

最近、いろんな種類の水が売られていて何がなんだかよく分からなくなっています。

ですが、今回は飲む水ではなく、泉、いわゆる温泉水についてです。

温泉に行くと、たいてい泉質についての説明書きがありますが、これを読むといろんな種類があることが分かります。

肌がすべすべになったり、傷が癒えたり、気持ちが落ち着いたりなんていうことが書いてあります。

こういった水の成分がもつ生理学的作用は、特異的作用とよばれます。

含有成分の作用には、経皮吸収に伴うもの、皮膚表面に対するもの、吸入によるものがあるものがあり、歴史的には服用されていたものもあります。

皮膚を透過するタイプには二酸化炭素泉、硫黄泉があります。

これらは強い血管拡張作用をもちます。

二酸化炭素泉は、毛細血管、細動脈を拡張し、末梢循環を改善させます。

硫黄泉は、強酸性で殺菌効果があります。

末梢血管、肝動脈冠動脈、脳動脈を拡張させるといわれますが、過敏症になると皮膚炎を起こすことがあります。

炭酸塩と有機酸の中和反応によって炭酸ガスを発生させる入浴剤が市販のものでありますが、一般的に炭酸泉は皮脂の乳化作用や消炎・鎮静、抗アレルギー作用、高い保温効果などがあると言われています。

蒸気に含有された成分は、起動や気道や肺に吸入され、粘膜壁から吸収されます。

アルカリ塩化物や硫黄は、気道粘膜より吸収され、毛細血管血流の増大、去痰促進作用、抗菌・抗炎症作用などがみられます。

各種成分が微量に含まれているものは、ゆるやかな生理学的効果が得られるようです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  2. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  3. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  4. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  5. 2016-12-19

    ピリオダイゼーション

    スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニング…
ページ上部へ戻る