予測的姿勢制御とは

日常の動作は、たとえば床からものを持ち上げたりドアを開けたりする場合、過去の経験によりものの重さやドアを抵抗などを考慮し、どのくらいの力を出せばよいか、あるいはどのような姿勢をとればよいかなどが予測されて行われています。

エコロジカル理論の立場で考えれば、日常の動作が行えるのは環境からのアフォーダンスを適切に獲得しているからということになります。

目的動作に伴う姿勢制御は、自らが行う動作によりバランスを崩さないように目的動作に先行する準備的姿勢調整が行われます。

これは予測的姿勢制御とよばれ、一側上肢挙上に伴う下肢筋の活動や、つま先立ち動作に伴う下腿筋の活動などの分析で研究が行われています。

一側上肢挙上においては、上肢挙上動作開始に40〜50msec先行して同側のハムストリングスが活動します。

つま先立ち動作では、主動筋であるヒラメ筋に60msec先行して前脛骨筋が活動します。

これらの筋活動は、目的動作によって生じる姿勢変化に伴うモーメントの乱れを相殺するために活動します。

このような自発運動は、たとえば、一側の上肢を挙上する課題の場合、上肢を挙上する前の準備のための姿勢筋活動相と実際に上肢を挙上する目的活動相、上肢の挙上運動による姿勢動揺を感知し、その動揺を安定化させるための代謝活動相または立て直し活動の3つの相に分けられます。

前者の2相はフィードフォワード制御であり、後者は感覚と運動が対になったフィードバック制御によるものです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  2. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  3. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  4. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  5. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
ページ上部へ戻る