筋細胞とグルコーストランスポーター

筋細胞の外からインスリン受容体が刺激され、グルコースが取り入れられたのち、運動はグルコーストランスポーター(GLUT)を細胞膜へ移動させ、同時に糖輸送活性も増強します。

また、筋のタイプによってGLUTの含有量と最大糖輸送活性は異なり、赤筋は白筋に比べ、約3〜5倍のGLUT4と糖輸送活性を有します。

白筋では、運動とインスリンは各々がほぼ同程度まで糖輸送を増加させるのに対し、赤筋において、運動の効果がインスリンの約2倍となります。

筋収縮によりもたらされた糖輸送の増加は、インスリン非存在下では即剤に低下し始め、通常、約2時間以内にもとのレベルに戻ります。

GLUT4は横紋筋で最も多く存在し、インスリン刺激や筋収縮に呼応して細胞内から細胞膜へ移動します。

運動は酵素レベルにおいて骨格筋が運動中にグルコースを酸化して、運動後にグリコーゲンうとして糖質を蓄える能力を増すような適応をみせます。

一方、インスリン受容体とインスリンの結合能力の低下で耐糖能の異常が起こっている場合を、インスリン抵抗性が生じているといいます。

しかし、インスリン抵抗性が生じていても、筋細胞内でグルコーストランスポーターが膜表面に移動するよう、インスリン受容体を介さない何らかの信号を受けることがあります。

運動などによってATPが枯渇すると、ATPを産生するために、ADPから1個のリン酸を取り出してAMPを産生する反応が生じます。

このAMPの増加と酵素反応を起こすAMPKの活性化は筋収縮に伴って生じるとされ、この両者がインスリン介在信号に代わりグルコーストランスポーターの移動を促します。

したがって、骨格筋の収縮はインスリンを必要としないGLUT4の移動を促す信号を発生させています。

これは、運動療法や身体活動による糖代謝の改善に関わる機序の一つとして注目されています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-2

    嚢胞性病変であるガングリオン

    手関節の周囲に好発する嚢胞性病変であるガングリオンというものをご存知ですか?ガングリオンは、関節…
  2. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  3. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  4. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
  5. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
ページ上部へ戻る