筋細胞とグルコーストランスポーター

筋細胞の外からインスリン受容体が刺激され、グルコースが取り入れられたのち、運動はグルコーストランスポーター(GLUT)を細胞膜へ移動させ、同時に糖輸送活性も増強します。

また、筋のタイプによってGLUTの含有量と最大糖輸送活性は異なり、赤筋は白筋に比べ、約3〜5倍のGLUT4と糖輸送活性を有します。

白筋では、運動とインスリンは各々がほぼ同程度まで糖輸送を増加させるのに対し、赤筋において、運動の効果がインスリンの約2倍となります。

筋収縮によりもたらされた糖輸送の増加は、インスリン非存在下では即剤に低下し始め、通常、約2時間以内にもとのレベルに戻ります。

GLUT4は横紋筋で最も多く存在し、インスリン刺激や筋収縮に呼応して細胞内から細胞膜へ移動します。

運動は酵素レベルにおいて骨格筋が運動中にグルコースを酸化して、運動後にグリコーゲンうとして糖質を蓄える能力を増すような適応をみせます。

一方、インスリン受容体とインスリンの結合能力の低下で耐糖能の異常が起こっている場合を、インスリン抵抗性が生じているといいます。

しかし、インスリン抵抗性が生じていても、筋細胞内でグルコーストランスポーターが膜表面に移動するよう、インスリン受容体を介さない何らかの信号を受けることがあります。

運動などによってATPが枯渇すると、ATPを産生するために、ADPから1個のリン酸を取り出してAMPを産生する反応が生じます。

このAMPの増加と酵素反応を起こすAMPKの活性化は筋収縮に伴って生じるとされ、この両者がインスリン介在信号に代わりグルコーストランスポーターの移動を促します。

したがって、骨格筋の収縮はインスリンを必要としないGLUT4の移動を促す信号を発生させています。

これは、運動療法や身体活動による糖代謝の改善に関わる機序の一つとして注目されています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  2. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  3. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  4. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  5. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
ページ上部へ戻る