長さ‐張力曲線とは

長さ‐張力曲線は、筋の収縮力によって発生する張力は筋の長さと密接に関係しているということを表したもので、発見者の名をとってBlix曲線とも言います。

筋の活動張力は、自然長において最大の張力を生じ、その60%以下の長さで張力を失います。

また、自然長を超えると電気刺激によって生じる張力は減少しますが、筋を構成する結合組織の張力が加わるため、全張力は増加することが知られています。

さらに、筋はそれが作用する関節の全可動域を起こすためには、これに要する筋の短縮距離の約3倍の長さを必要とすることが分かっています。

筋の長さ‐張力曲線は、サルコメアの長さと張力の関係で表わされることもあり、これによると、サルコメアは2.0〜2.20μmで最大の張力を示し、それよりも短くても長くても張力は弱くなり、張力が0に近くなるのはサルコメアの長さが3.65μmよりも長いとき、または1.3μm以下の場合であると考えられています。

この筋の長さ‐張力曲線の理論により、二関節筋もしくはそれ以上の関節にまたがっている筋が同時に全ての関節にわたって短縮する必要が生じた場合、ある点まで短縮すると、もはや効果的な筋の張力を生じることができなくなります。

例えば、手関節を掌屈させたまま強く握りこぶしをつくることはできないか、できたとしても握る力は弱くなってしまいます。

しかし、手関節を背屈すれば握る力は強くなります。

これは筋の長さ‐張力曲線の理論から指の屈筋が十分な張力を生じるためには、手関節を背屈させて屈筋を十分に伸張させることが必要であることを示します。

同じような例は、股関節と膝関節屈曲伸展時のハムストリングスと大腿直筋の関係にもみられます。

股関節を最大伸展させるには、大腿直筋を伸張させ、かつハムストリングスを弛緩させるために、股関節を伸展位にさせる必要があります。

一方、膝関節を最大屈曲させるためには、股関節を屈曲位にして、ハムストリングスを伸張させ、かつ大腿直筋を弛緩させる必要があります。

このように、股関節屈曲、膝伸展筋である大腿直筋とその拮抗筋であるハムストリングスは長さ‐張力曲線の理論から全体としてつり合いが取れていると言えます。

しかし、股関節と膝関節の両端で同時に伸張を試みるとき、例えばハムストリングスは股関節と膝伸展とを同時に可能にするほど長くないため、運動は困難になります。

これを二関節筋の制約作用と言います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 7月 19日
コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  2. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
  3. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  4. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  5. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
ページ上部へ戻る