肩関節は関節複合体とも呼ばれているように腕の動きは複数の関節で動き、1つの関節だけで動くものではないということが非常に大事です。
肩の動きはいろいろなところが動いて遂行される動きですから、どこかが動かなくても見かけ上は普通に動いているようにみえてしまいます。

肩関節は肩甲上腕関節、肩甲胸郭関節、第2肩関節、胸鎖関節、肩鎖関節の5個の関節で1つの動作をしますから、考え方として大事なのはそれぞれの関節動作の足し算ということ。

肩の動きを100とするならば、それぞれの関節で100の動きを分担します。

それがどこかが欠けてしまったら、欠けた分をどこかが補わないといけない。

それが集中しやすいのが、一番動きやすい肩甲上腕関節ということになります。

こうして動きを代償したところにストレスが集中してしまい、慢性的な障害などに繋がっていくのです。

だからこそ、障害部位として多いのは肩甲上腕関節になるのです。

また、肩甲骨の動きを評価するのは非常に大事です。

肩甲骨は動けば動くほどいいのでしょうが、動くことと同じように固定する能力も大事です。

つまり、固定して安定させる。

この能力は非常に重要な要素となります。

肩甲骨の評価としてはこのモビリティーとスタビリティーの要素を評価していきます。

また肩関節の安定化機構としては①肩甲上腕関節の機能的特徴、②関節包、腱板機能、③肩甲胸郭関節の機能があります。

①と②は関節窩に対して骨頭を求心的に保つ働きを行うのに対し、③は関節窩を運動方向に向ける働きを行っています。

これらの安定化機構がうまく働いているからこそ、機能的な肩関節の動きが可能となります。

肩の評価にはこの安定化機構の働きを忘れちゃいけませんね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  2. 2014-11-12

    腰部周辺の筋の評価

    今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。[柔軟性・筋力・感覚]腰痛の人…
  3. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  4. 2017-3-23

    筋トレの後のジョギングの効果

    筋力トレーニングの後にジョギングを合わせて行う人も多いと思います。ジョギングは有酸素運動の代…
  5. 2015-5-17

    体温と代謝

    私たちの体温は通常37℃前後に一定に保たれています。これを内温性といいます。これに対…
ページ上部へ戻る