肩甲上腕関節の緩い適合と不安定性

いくつかの肩甲上腕関節の形態像は、安定性を犠牲にして可動性を優位にしたこの関節の解剖学的構造の設計に寄与しています。

関節窩関節面は上腕骨頭関節面の約1/3のみを覆うに過ぎません。

このサイズの違いにより関節窩とは上腕骨頭のごく一部が接触するに留まります。

成人では上腕骨頭の縦径は関節窩のそれの約1.9倍となります。

一方、骨頭の横径は対面する関節窩の約2.3倍であるため、骨頭が関節窩内に適合しているとは言えません。

実際の肩甲上腕関節構造はゴルフボールがその1/4の大きさの硬貨の上にのしかかっているのに非常に類似しています。

つまり、関節の安定性は骨頭の適合によるものではなく、関節周辺の筋や関節包靱帯がかかわるメカニズムを通して保持されます。

しかし、関節包靱帯は肩甲上腕関節の適切な支持と安定性を与えるには不十分である場合があります。

このような支持の欠如は上腕骨頭の並進運動により促進されます。

肩甲上腕関節にはある程度の緩みが正常でもみられますが、過剰な緩みは異常となります。

関節窩に対する上腕骨近位部の大きな並進運動と関連する関節の緩み、すなわち関節のあそびはしばしば肩の不安定性とよばれてきました。

肩の不安定性の診断は過剰な痛みや不安、あるいは機能欠如と関連することを意味しています。

肩甲上腕関節の不安定性は多くの方向で生じる可能性がありますが、多くの場合は前方あるいは下方において起こります。

ケースによっては、不安定な肩甲上腕関節脱臼や亜脱臼に至ることもあります。

肩甲上腕関節亜脱臼は関節面の不完全な離開と定義され、大奥は自然な部分的アライメント修復によるものです。

これに対して、肩甲上腕関節の脱臼は、自然な部分的アライメント修復を伴わない関節面の完全な離開と定義されます。

典型的には脱臼関節は第3者あるいは器具による特別な手技を用いて整復する必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  2. 2014-12-8

    老化を左右するテロメア

    昔から、老化の予防には運動といいます。実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身…
  3. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  4. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  5. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
ページ上部へ戻る