胸郭拡張の対抗要素

吸気筋によって行われる仕事は、肺組織と胸郭を構成する結合組織の自然な弾性力に打ち勝たなければなりません。

さらに、奥範囲な起動を通過する吸息抵抗にも打ち勝つために余分な働きをしなければなりません。

肺胞に到達する空気量は肺胞圧の減少に依存し、肺胞圧の減少は、筋収縮の正味の効果と胸郭の拡張に対抗する機械的特性によって決定されます。

いくつかの要因は胸郭の拡張に強力に対抗します。

例えば、加齢は胸郭を構築する結合組織の関節の硬さの増加と関連します。

しかし、肺の組織は加齢に伴いその弾力的復元の性質を失い、より柔らかくなります。

肺胞圧の大きな減弱の結果、筋は吸息の中でもより激しく動く必要性に迫られます。

このことは、加齢に伴い、なぜ1回換気量がわずかに減少し、反対に呼吸数がわずかに増加するのかという点を部分的に説明しています。

疾病や異常姿勢もまた、胸郭の拡張性を阻害する可能性があります。

例えば、関節リウマチは、胸肋関節の軟骨の堅さを増し、胸腔内容量の増加に抵抗します。

重度の側彎は後彎は胸郭の拡張性を物理的に制限することがあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  2. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  3. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  4. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  5. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
ページ上部へ戻る