手根部の靭帯の二重V字システム

手根運動の関節包内運動は、最終的には筋によって引き起こされますが、人体の受動的緊張によって方向づけられ、制限されます。

手根部は、中間位では4つの靭帯が2つの逆向きV字のようにみえ、しばしば靭帯の二重V字システムとよばれます。

遠位の逆向きVは掌側手根間靭帯の内側脚および外側脚からなり、近位の逆向きVは掌側尺骨手根靭帯および掌側橈骨手根靭帯の月状骨付着部からなります。

靭帯のメカニズムの4脚すべてが中間位にあってもわずかな緊張をもちます。

尺屈中には、受動的な緊張が手根の対角線上に生じますが、これは掌側手根間靭帯の外側脚および掌側尺骨手根靭帯の線維中に生じた伸張力によるものです。

橈屈中には、緊張状態が反対の対角で生じますが、これは掌側手根靭帯の内側脚および掌側橈骨手根靭帯線維中の伸張により生じます。

これらの靭帯中の緊張が徐々に高まることで、運動がコントロールされるとともに、手根骨に対する力学的な安定性が確保されています。

手根の伸張された側副靭帯に生じる緊張が、二重V字システムによる橈屈および尺屈の可動域の終点の決定に役立ちます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  2. 2015-12-23

    筋の時間的加重とは

    筋の活動は収縮と弛緩によって完結されます。それは活動電位による筋細胞の興奮によってもたらされ…
  3. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  4. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  5. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
ページ上部へ戻る