手根部の靭帯の二重V字システム

手根運動の関節包内運動は、最終的には筋によって引き起こされますが、人体の受動的緊張によって方向づけられ、制限されます。

手根部は、中間位では4つの靭帯が2つの逆向きV字のようにみえ、しばしば靭帯の二重V字システムとよばれます。

遠位の逆向きVは掌側手根間靭帯の内側脚および外側脚からなり、近位の逆向きVは掌側尺骨手根靭帯および掌側橈骨手根靭帯の月状骨付着部からなります。

靭帯のメカニズムの4脚すべてが中間位にあってもわずかな緊張をもちます。

尺屈中には、受動的な緊張が手根の対角線上に生じますが、これは掌側手根間靭帯の外側脚および掌側尺骨手根靭帯の線維中に生じた伸張力によるものです。

橈屈中には、緊張状態が反対の対角で生じますが、これは掌側手根靭帯の内側脚および掌側橈骨手根靭帯線維中の伸張により生じます。

これらの靭帯中の緊張が徐々に高まることで、運動がコントロールされるとともに、手根骨に対する力学的な安定性が確保されています。

手根の伸張された側副靭帯に生じる緊張が、二重V字システムによる橈屈および尺屈の可動域の終点の決定に役立ちます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  2. 2015-1-15

    相撲における『股割り』『腰割り』の重要性

    相撲での柔軟性というと、180度脚を広げて胸を地面につける「股割り」が真っ先に思い浮かぶ、それは、相…
  3. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  4. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  5. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
ページ上部へ戻る