運動指令と感覚運動変換

運動出力は、筋に作用し、これを収縮させて、運動を生成する運動指令です。

これらの出力は、感覚運動変換を表現する回路へ感覚入力が入ることにより生じます。

感覚入力には、自分の身体に関する内因性上方に加えて、外界の情報を示す外因性情報も含まれます。

外因性情報、例えば、目標の空間内での位置などは聴覚入力や視覚入力からもたらされます。

内因性情報には、身体に関するキネティクス情報とキネマティクス情報があります。

キネティクス情報には、手の位置、速度、加速度や、関節の角度や筋の長さなどがあり、それらの状態を引き起こした力に関する情報とは、無関係となります。

これに対してキネティクス情報は、身体が生成した力や体験した力に関係しています。

各種の内因性情報は、異なるセンサーによってもたらされます。

例えば、筋長とその変化率についての情報がおもに筋紡錘からもたされるのに対して、生成している力について情報は、筋のゴルジ腱器官と皮膚の機械受容器からもたらされます。

腱反射などの単純な反射には単純な感覚運動変換が関与しており、脳の高次中枢が介在することなく、感覚入力が直接運動出力を引き起こします。

これに対して、随意運動には多段階の感覚運動変換が必要になります。

実際、複数の情報処理中枢が関与することで、情報処理は単純になります。

高次の中枢が一般的な目標を計画するのに対して、低次の中枢は、これらの目標をいかにして実現するかに専念するためです。

例えば文字を書くといった、特異的な運動が、異なる方法で行われても、多かれ少なかれ同じような結果になるという事実は、こうした階層性によって説明できます。

同一人物の筆跡は、文字の大きさや、それを書くために用いた肢や身体部位に関係なく、よく似た構造を示します。

この現象は、運動等価性とよばれ、目的のある運動が、脳内で、特異的な関節の運動や筋収縮の集合としてではなく、抽象的に表現することで、さまざまな効果器を動かすことが可能になり、あらかじめ運動プログラムを用意しておくやり方では困難なレベルの柔軟性を付与することができます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
  2. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。長…
  3. 2014-10-18

    足の機能解剖を考える。

    「足」は一般的には足関節と足部が含まれ、1つの機能ユニットとして考えられています。足は脛骨と…
  4. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
  5. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
ページ上部へ戻る