抑制機能と加齢

加齢は、さまざまな機能の低下を引き起こしますが、すべてが減退するわけではなく、いつまでも同じレベルを保っている機能も存在します。

注意機能のうちの抑制機能はそのような機能のひとつです。

抑制機能とは、不必要な情報へ注意が向き、それに対して行動を起こそうとするとき、それをストップさせる働きのことです。

これを復帰抑制といいます。

これは、注意が最初の場所や対象物に戻ること対してストップをかけるという意味を指します。

例えば、文章を書いているときに、文字を間違えてしまい、それを消したあとまた間違えてしまうというようなエラーです。

復帰抑制には、位置に対して復帰を抑制するだけでなく、位置はどこであろうと同一の物体に対する復帰を抑制する場合も含まれます。

この物体への復帰抑制の現象について、若齢者ではみられるという報告や、物体への復帰抑制はみられないといった報告、高齢者においても物体への復帰抑制はみられないといったという報告があります。

これらのことは、復帰抑制全般が加齢の影響を受けないわけではなく、位置への復帰抑制は加齢の影響を受けにくい一方で、物体のそれは加齢の影響を受けやすいことを示しています。

つまり、復帰抑制機能は単一メカニズムから成り立っているわけではなく、一部の特定機能のみが加齢の影響を受けるという可能性が示唆されます。

この加齢の影響については、脳神経回路の発達差が関係していると考えられます。

位置の定位に関する情報(定位情報)と、物体の同定に関する情報(同定情報)は、脳内において異なる視覚経路を通ります。

情報は、一次視覚野に到達したのち、定位情報は背側経路を、同定情報は腹側経路を経て頭頂連合野で統合されます。

それぞれの経路の発達は異なり、背側経路は乳児期初期にシステムが構築され、高齢期後期まで残存します。

一方、腹側経路は乳児期後期にシステムが構築され、高齢期初期に衰退します。

つまり、同定情報を伝達し処理する腹側経路が高齢期になると衰退し始めているため、物体への復帰抑制がみられなくなったというわけです。

その一方で、定位情報を伝達し処理する背側経路は高齢になっても残存するため、位置への復帰抑制が維持されていると考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  2. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  3. 2015-5-23

    AMPK(AMP活性プロテインキナーゼ)とは

    細胞の中ではさまざまな種類の酵素が生きるための仕事を役割分担しながら行っています。AMPKは…
  4. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  5. 2014-12-21

    がんと運動効果

    今日は、「ガンと運動について」です。「予防」のためというのはもちろんですが、「ガン患者」や「ガン…
ページ上部へ戻る