抑制機能と加齢

加齢は、さまざまな機能の低下を引き起こしますが、すべてが減退するわけではなく、いつまでも同じレベルを保っている機能も存在します。

注意機能のうちの抑制機能はそのような機能のひとつです。

抑制機能とは、不必要な情報へ注意が向き、それに対して行動を起こそうとするとき、それをストップさせる働きのことです。

これを復帰抑制といいます。

これは、注意が最初の場所や対象物に戻ること対してストップをかけるという意味を指します。

例えば、文章を書いているときに、文字を間違えてしまい、それを消したあとまた間違えてしまうというようなエラーです。

復帰抑制には、位置に対して復帰を抑制するだけでなく、位置はどこであろうと同一の物体に対する復帰を抑制する場合も含まれます。

この物体への復帰抑制の現象について、若齢者ではみられるという報告や、物体への復帰抑制はみられないといった報告、高齢者においても物体への復帰抑制はみられないといったという報告があります。

これらのことは、復帰抑制全般が加齢の影響を受けないわけではなく、位置への復帰抑制は加齢の影響を受けにくい一方で、物体のそれは加齢の影響を受けやすいことを示しています。

つまり、復帰抑制機能は単一メカニズムから成り立っているわけではなく、一部の特定機能のみが加齢の影響を受けるという可能性が示唆されます。

この加齢の影響については、脳神経回路の発達差が関係していると考えられます。

位置の定位に関する情報(定位情報)と、物体の同定に関する情報(同定情報)は、脳内において異なる視覚経路を通ります。

情報は、一次視覚野に到達したのち、定位情報は背側経路を、同定情報は腹側経路を経て頭頂連合野で統合されます。

それぞれの経路の発達は異なり、背側経路は乳児期初期にシステムが構築され、高齢期後期まで残存します。

一方、腹側経路は乳児期後期にシステムが構築され、高齢期初期に衰退します。

つまり、同定情報を伝達し処理する腹側経路が高齢期になると衰退し始めているため、物体への復帰抑制がみられなくなったというわけです。

その一方で、定位情報を伝達し処理する背側経路は高齢になっても残存するため、位置への復帰抑制が維持されていると考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  2. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  3. 2015-10-26

    喫煙と栄養学の関係

    タバコを吸うことによって、ニコチンなどの有害物質が体内に侵入してきます。喫煙によって体にもた…
  4. 2014-12-15

    運動連鎖とは

    トレーニングやリハビリなどの運動療法の世界では、よく運動連鎖という概念が用いられます。運…
  5. 2017-1-21

    有酸素的運動

    有酸素的運動と筋線維タイプ脊柱起立筋や中殿筋をはじめとする長時間にわたる持続的な姿勢…
ページ上部へ戻る