動作は常に中枢神経系によって支配されています。


中枢神経系は視覚、聴覚、感覚、触覚、認知、記憶などあらゆる情報を取り入れ、それらを処理・統合し、各器官へクして動作に関与しています。

体には数多くの固有受容器が存在し、それらが刺激を多く受ければ受けるほど、中枢神経系への情報量が増加し、筋や関節などへ伝わるフィードバック情報量が増加することになります。

動作を行うときには、決してひとつではなく複数の筋が協同してタイミングよくそれぞれ筋収縮を起こしてスムーズな動きを作り出しますが、中枢神経系から筋や関節へ送られる情報量が増加すると、より効率のよい協力筋群や関節の動作を選択することができます。

赤ちゃんのハイハイから歩行までの過程や、自転車の乗り方を覚える過程でもそうですが、バランスを崩し失敗しながらでもその動作を繰り返していると、いつもまにか自然にできるようになることが起こります。これは、各器官の固有受容器が失敗から得た情報を中枢神経系に、記憶や認知の情報とともにフィードバックして、次から効率の動作をするために最適な協力筋群を選択するようになることで起こります。

神経系の働きはとても重要で、各器官の固有受容器が多くの刺激を
受けるトレーニングを行うことは必要不可欠です。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-5-7

    パフォーマンスを向上させる反復練習

    スポーツのパフォーマンスを向上させるためには、そのスポーツに必要なスキルの要素を特に繰り返し練習する…
  2. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
  3. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  4. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  5. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
ページ上部へ戻る