結合組織の治癒と栄養の関係

結合組織はおもにタンパク質で構成されるため、栄養としてタンパク質を摂取することは非常に重要となります。

タンパク質は、植物性または動物性食品から摂取できますが、動物性タンパク質は酸を産生するので、間質のpH値を低下させて問題となります。

pH値が6.5以下に減少すると、線維芽細胞は正常な合成機能を行うことが難しくなってしまいます。

結果として、組織は退化して治癒が起きなくなってしまいます。

ミトコンドリアからのエネルギーは、おもにグルコースを燃焼することで利用可能となるため、食事に糖が含まれていることは重要なことです。

しかし、糖が短連鎖炭水化物を通して摂取される場合、膵臓の過労が増大されます。

血糖値がいつまでも高すぎる場合、再生と治癒はより困難となります。

精糖も非常に酸を産生します。

脂肪の消費は、おもに不飽和脂肪酸に集中すべきだと考えられています。

ここで重要なのは、必須の不飽和オメガ3とオメガ6脂肪酸です。

損傷後に重要となるプロスタグランジン2は、オメガ6脂肪酸から生成されます。

オメガ3脂肪酸は、プロスタグランジン1と3の形成を可能にします。

そして、それはプロスタグランジン2に拮抗して炎症を抑えます。

一方で、飽和脂肪酸の過剰は、アテローム性動脈硬化症と組織の灌流の問題を生じる可能性があります。

ビタミン、ミネラル、微量元素は、結合組織の安定性のためにも不可欠となります。

これらの物質は、コラーゲンで結合する架橋を安定させます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  2. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
  3. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  4. 2014-10-3

    「NO pain no gain」痛みの考え方

    『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
  5. 2016-12-19

    ピリオダイゼーション

    スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニング…
ページ上部へ戻る