スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため,その予防法が注目されている。

受傷機転は,ジャンプの着地や切り返し動作での接地局面が多い。

発症要因には膝外反角度の増大(knee-in & toe – out),過回内足,股関節外転筋力の低下,性ホルモン動態などが影響していることが明らかにされているが,近年では体幹安定性の重要性が報告されている。

 

ある研究では, ACL 損傷など膝関節外傷を受傷した者は受傷しなかった者よりも体幹安定性が低かったことを報告している。

 

また,ACL 損傷の受傷機転に多いジャンプ着地動作では,足部の接地前に腹横筋が活動し体幹安定性を高めるfeedforward作用が働くことが報告されている。

 

これらの先行研究から,スポーツ現場ではACL 損傷予防に対して体幹安定性を高めるためのトレーニングが盛んに行われている。

 

特に,体幹安定性の制御には体幹深部筋(腹横筋や多裂筋など)を含めた体幹筋の共同収縮が重要であることが明らかにされていることから,体幹筋群の共同収縮を促進させるエクササイズが推奨されている。

 

以上から,体幹筋機能が高い者はACL 損傷の主な受傷肢位でなるknee-in & toe – outを回避できると予測できる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  2. 2015-8-18

    飢餓や絶食と代謝

    飢餓や減量のための絶食もストレスの一種です。代謝に必要なエネルギーが摂取できなくなると、体内…
  3. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
  4. 2015-10-18

    パフォーマンスストラテジー

    特定のスポーツに向けて、生理学的・心理的なストラテジーが用いられます。パフォーマンスストラテ…
  5. 2014-10-1

    日本人の敵「腰痛」

    日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
ページ上部へ戻る