アミノ酸の右手と左手

アミノ酸はタンパク質を構成する最小単位であり、動物の体をつくる重要な物質の1つとなります。

アミノ酸には、L型(左手型)とD型(右手型)の2種類が存在します。

左手と右手、形は同じですが、同じ方向で重ねあわせることはできません。

この左手と右手の関係にある分子を鏡像異性体といいます。

鏡像異性体は、分子の構造どうしが鏡に映った関係にあるものを指します。

これまで、地球上に存在する生物がもつアミノ酸は、すべて左手型だと言われてきました。

そのため、生体で働くアミノ酸の研究は、すべて左手型のアミノ酸だけを対象に行われてきました。

しかし、近年の研究によって、右手型のアミノ酸も生物の中に存在し、また重要な役割を担うことが明らかになってきました。

なかでも、老化との関わりが大きいという報告があり、注目されています。

生体が生命活動を行うためにおきる体内の多くの反応は、アミノ酸が連なったタンパク質が担っています。

反応を握手に例えると、向かい合った人どうしが互いに左手を差し出せば、問題なく握手することができます。

しかし、左手に対し右手が差し出されれば、上手く握手することができません。

このように、左手型だけでつながっているために規則的な構造をとることができ、その機能を果たすことができるのです。

左手型アミノ酸が連なった中に右手型アミノ酸が交じると、タンパク質の立体構造が大きくゆがみます。

タンパク質にとって立体構造は重要で、ゆがむと本来の機能を果たすことができなくなります。

このゆがみによる機能の低下が老化と大きく関わっているのではないかと考えられるようになってきました。

脳、皮膚、歯、骨、動脈壁などさまざまな老化組織に右手型アミノ酸をもつタンパク質が発見され、疾患との働きが指摘され始めています。

例えばアルツハイマー病の原因の1つと言われているアミロイドβタンパクやTauタンパク、白内障に関わるクリスタリン、クロイツフェルト・ヤコブ病や牛海綿状脳症(BSE)、つまり狂牛病に関わるプリオンタンパクなどに、右手型アミノ酸が存在することが確認されています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  2. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  3. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
  4. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  5. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
ページ上部へ戻る