運動における種々のエネルギー源

体内には種々のエネルギー源があり、運動のタイプ(種類、強度、時間など)により主に糖質を使うか、それとも脂質を使うかが決定されます。

無酸素的エネルギー産生には糖質のグリコーゲンやグルコースが利用され、有酸素的エネルギー産生では脂質の利用が増加します。
また、運動が長時間に及ぶと脂質の利用が増加し、糖質の利用が減少します。

ウォーキングのような最大酸素摂取量の25%に相当する低強度の有酸素的エネルギー運動では、脂肪組織(皮下、内臓)の貯蔵脂肪分解による遊離脂肪酸が主なエネルギー源となります。
少し息が弾む中強度(~65%Vo2max)の運動では、脂肪組織と筋肉の中性脂肪の分解によるエネルギーが約3分の2を占め、残りは筋肉グリコーゲンによることになる。

一方、ほぼ全力に近いような高強度(~85%Vo2max)の運動の主なエネルギー源は筋肉グリコーゲンとなります。
エネルギー産生に利用された基質の貢献度は、酸素消費量と二酸化炭素排出量から計算される呼吸商(RQ)により知ることができます。
呼吸商が1.0に近いほど糖質の酸化量が多く、0.7に近いほど脂質の酸化量が多いことになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  2. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  3. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  4. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  5. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
ページ上部へ戻る