腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。

治療方法は保存療法と手術療法に分けることができるが、腰椎椎間板ヘルニアは自然治癒が期待できる疾患であるため、高度麻痺が存在する場合を除いては、第一に保存療法が選択されている。

保存療法における一般的な治癒過程はヘルニア塊の自然吸収が起こり、それに伴い症状も改善するというもので、症状改善に必要な期間は 4 ヶ月程度と言われている。

4 ヶ月程度の保存療法を試みても症状が改善しない場合、もしくは繰り返す場合に、手術療法が適応される。

大きなヘルニア塊ほど自然縮小が生じやすいという報告がいくつかある中で、ある研究においては水平面でのヘルニア塊が大きいほど手術適応の可能性が高まるという結果を示したものもある。

これはその研究がアスリートを対象に調査を行ったことに起因すると考える。

アスリートは一般患者と異なり、競技時に日常生活レベルよりも遥かに高い負荷を繰り返し腰椎にかけることになるため、一般患者であれば保存療法で治療を終えているような症例でも、競技復帰のため、あるいは高いパフォーマンスの再現のために手術療法を選択している場合が多いと考える。

ヘルニアの評価としてはヘルニア塊の大きさ、方向などの評価も非常に重要な要素になる。

その上で画像診断は非常に重要である。

しかしながら、画像診断だけの判断は非常に危険である。

なぜなら、画像所見とは全く違った症状も多いのがヘルニアである。

問診、動作観察やスペシャルテスト、その上での画像からの情報など多角的に症状を捉えることが大事である!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  2. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  3. 2015-10-18

    パフォーマンスストラテジー

    特定のスポーツに向けて、生理学的・心理的なストラテジーが用いられます。パフォーマンスストラテ…
  4. 2015-1-19

    当たり前ですが運動効果を得るには運動をしなければなりません。

    運動をするのは楽しいことですが、同時にきつさ、つらさというのも味わうことになります。もち…
  5. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。長…
ページ上部へ戻る