腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。

治療方法は保存療法と手術療法に分けることができるが、腰椎椎間板ヘルニアは自然治癒が期待できる疾患であるため、高度麻痺が存在する場合を除いては、第一に保存療法が選択されている。

保存療法における一般的な治癒過程はヘルニア塊の自然吸収が起こり、それに伴い症状も改善するというもので、症状改善に必要な期間は 4 ヶ月程度と言われている。

4 ヶ月程度の保存療法を試みても症状が改善しない場合、もしくは繰り返す場合に、手術療法が適応される。

大きなヘルニア塊ほど自然縮小が生じやすいという報告がいくつかある中で、ある研究においては水平面でのヘルニア塊が大きいほど手術適応の可能性が高まるという結果を示したものもある。

これはその研究がアスリートを対象に調査を行ったことに起因すると考える。

アスリートは一般患者と異なり、競技時に日常生活レベルよりも遥かに高い負荷を繰り返し腰椎にかけることになるため、一般患者であれば保存療法で治療を終えているような症例でも、競技復帰のため、あるいは高いパフォーマンスの再現のために手術療法を選択している場合が多いと考える。

ヘルニアの評価としてはヘルニア塊の大きさ、方向などの評価も非常に重要な要素になる。

その上で画像診断は非常に重要である。

しかしながら、画像診断だけの判断は非常に危険である。

なぜなら、画像所見とは全く違った症状も多いのがヘルニアである。

問診、動作観察やスペシャルテスト、その上での画像からの情報など多角的に症状を捉えることが大事である!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  2. 2015-9-23

    大殿筋 

    起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯停止:(上部…
  3. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
  4. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  5. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
ページ上部へ戻る