腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。

治療方法は保存療法と手術療法に分けることができるが、腰椎椎間板ヘルニアは自然治癒が期待できる疾患であるため、高度麻痺が存在する場合を除いては、第一に保存療法が選択されている。

保存療法における一般的な治癒過程はヘルニア塊の自然吸収が起こり、それに伴い症状も改善するというもので、症状改善に必要な期間は 4 ヶ月程度と言われている。

4 ヶ月程度の保存療法を試みても症状が改善しない場合、もしくは繰り返す場合に、手術療法が適応される。

大きなヘルニア塊ほど自然縮小が生じやすいという報告がいくつかある中で、ある研究においては水平面でのヘルニア塊が大きいほど手術適応の可能性が高まるという結果を示したものもある。

これはその研究がアスリートを対象に調査を行ったことに起因すると考える。

アスリートは一般患者と異なり、競技時に日常生活レベルよりも遥かに高い負荷を繰り返し腰椎にかけることになるため、一般患者であれば保存療法で治療を終えているような症例でも、競技復帰のため、あるいは高いパフォーマンスの再現のために手術療法を選択している場合が多いと考える。

ヘルニアの評価としてはヘルニア塊の大きさ、方向などの評価も非常に重要な要素になる。

その上で画像診断は非常に重要である。

しかしながら、画像診断だけの判断は非常に危険である。

なぜなら、画像所見とは全く違った症状も多いのがヘルニアである。

問診、動作観察やスペシャルテスト、その上での画像からの情報など多角的に症状を捉えることが大事である!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  2. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  3. 2017-2-8

    筋力トレーニングと生活サイクル

    自分の理想の体を手に入れるため、パフォーマンスを上げるために筋力トレーニングを行いますが、1日のどの…
  4. 2016-2-25

    土踏まずの役割

    ヒトの足で、他の動物にはみられない最大の特徴が、アーチの形成です。ヒトの足のアートは、踵骨と…
  5. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
ページ上部へ戻る