頭部外傷

頭部外傷のうち、脳に損傷をもたらす外力が直接加わったものを直撃損傷とよび、加わった外力と反対の部位に生ずる損傷を対側損傷といいます。

脳挫傷など脳そのものに損傷が加わる場合と、急性硬膜下血腫など、血腫が脳を圧迫し、二次的に脳損傷が引き起こされる病態があります。

高齢者においては、転倒・転落による頭部外傷が増加しており、また外傷後の後遺症として高次脳機能障害が注目されています。

損傷の種類や程度は多様ですが、外力が頭部へ作用した結果として起こった頭蓋内蓋組織の器質的、機械的損傷が主な病態となります。

頭痛、悪心、嘔吐、運動麻痺、失語、痙攣、意識障害など外傷の重症度や出血部位などにより多様で重複します。

脳が外界と交通する開放性脳損傷では、髄液漏や感染、てんかんのリスクが高くなります。

また、スポーツの現場でよくみられる、脳震盪を含むびまん性脳損傷では、受傷直後より意識障害が見られます。

前述のように、一般的には開放性脳損傷と閉鎖性脳損傷に分類され、脳の損傷程度によって局所性脳損傷(硬膜外血腫、硬膜下血腫、脳内血腫、脳挫傷)とびまん性脳損傷(脳震盪、びまん性軸索損傷)に大別されます。

また、受傷時の直接損傷を一次性脳損傷といい、その後に生じる脳浮腫や出血、虚血や低酸素などを二次性脳損傷と言います。

びまん性脳損傷の発生機序としては、頭部に回転加速度が加わった場合に発生し、頭蓋に対して脳実質に剪断力が加わることでズレるために起こります。

通常の頭部外傷より広範に障害が起こる可能性があり、脳幹部まで至ることもあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  2. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  3. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  4. 2014-12-12

    タバコによるダメージ

    タバコの煙は、粘膜を直接に刺激するだけでなく、唾液に溶けて飲み込まれ、また血液中に吸収されて全身をめ…
  5. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
ページ上部へ戻る