頭部外傷

頭部外傷のうち、脳に損傷をもたらす外力が直接加わったものを直撃損傷とよび、加わった外力と反対の部位に生ずる損傷を対側損傷といいます。

脳挫傷など脳そのものに損傷が加わる場合と、急性硬膜下血腫など、血腫が脳を圧迫し、二次的に脳損傷が引き起こされる病態があります。

高齢者においては、転倒・転落による頭部外傷が増加しており、また外傷後の後遺症として高次脳機能障害が注目されています。

損傷の種類や程度は多様ですが、外力が頭部へ作用した結果として起こった頭蓋内蓋組織の器質的、機械的損傷が主な病態となります。

頭痛、悪心、嘔吐、運動麻痺、失語、痙攣、意識障害など外傷の重症度や出血部位などにより多様で重複します。

脳が外界と交通する開放性脳損傷では、髄液漏や感染、てんかんのリスクが高くなります。

また、スポーツの現場でよくみられる、脳震盪を含むびまん性脳損傷では、受傷直後より意識障害が見られます。

前述のように、一般的には開放性脳損傷と閉鎖性脳損傷に分類され、脳の損傷程度によって局所性脳損傷(硬膜外血腫、硬膜下血腫、脳内血腫、脳挫傷)とびまん性脳損傷(脳震盪、びまん性軸索損傷)に大別されます。

また、受傷時の直接損傷を一次性脳損傷といい、その後に生じる脳浮腫や出血、虚血や低酸素などを二次性脳損傷と言います。

びまん性脳損傷の発生機序としては、頭部に回転加速度が加わった場合に発生し、頭蓋に対して脳実質に剪断力が加わることでズレるために起こります。

通常の頭部外傷より広範に障害が起こる可能性があり、脳幹部まで至ることもあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  2. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  3. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  4. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  5. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
ページ上部へ戻る