肘関節部の骨折・脱臼

肘関節部の骨折・脱臼には、主に肘頭骨折、橈骨頭骨折、肘関節脱臼があります。

肘頭骨折は、転倒した際に肘を直接ついたときなどに起こります。

肘頭が骨折すると、付着している上腕三頭筋によって骨片は牽引されるため転位が起こりやすく、その場合は手術が必要となります。

症状としては、肘痛、肘関節部の著明な腫脹が見られ、骨折の転位があると、肘の自動伸展が行えません。

橈骨頭骨折は、転落時などで前腕回内位で手をつき、橈骨頭へ強い軸圧が加わると生じます。

肘の骨折のなかでは1〜3割の発生頻度で、健常な尺骨が支柱となるため、保存療法が行いやすいですが、転位の大きいものは手術が行われます。

可動域制限や肘関節不安定性をもたらします。

転位のない骨折では痛みは軽度のことがありますが、転位のある骨折や粉砕型では、肘が腫脹し橈骨頭部の圧痛を認めます。

特に前腕の回旋運動制限と疼痛が強く起こります。

肘関節脱臼は、成人に多く、肩関節脱臼に次いで頻度が高いものとなります。

後方脱臼がその9割を占め、転倒の際に、肘関節が過伸展した状態で手をつくと起こります。

肘関節は前後の屈伸運動が基本であるため、側副靭帯に比べて前後の関節包の支持性が弱く、また前後方向の力に対する抵抗性は、後方の肘頭よりも前方の鈎状突起のほうが弱いために、後方脱臼が多く起こります。

小児や高齢者では骨折を起こすために、多くは成人でみられます。

また、幼児に特有の疾患に、手が末梢に牽引され、橈骨頭が輪状靭帯より抜け出しそうになる亜脱臼の状態となる肘内障があります。

典型例では、親がとっさに子どもの手を引っ張りあげるなどして起こります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  2. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
  3. 2014-10-6

    レジスタンストレーニングと代謝

    代謝は大きく、基礎代謝、安静時代謝、活動時代謝に分けることができます。基礎代謝とは、生命の維持に…
  4. 2015-3-24

    運動前後の栄養補給

    今日は、運動前後の栄養補給について書いていきます。先日、お客様より「運動した後はどんな食事が…
  5. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
ページ上部へ戻る