ムードとフードの関係

気分(mood)と食物(food)には関連があります。

食べ物を制限されたり、食後の一服やデザートを食べるときの幸福感が制限されると、不機嫌になる人もいることでしょう・

気分のコントロールに関与する脳内の系の1つにセロトニンを神経伝達物質として使うものがあります。

セロトニンは食物と気分をつなげる物質の1つなのです。

摂食中枢がある視床下部のセロトニンを測定すると、セロトニンレベルは空腹時など摂食欲求にかられる時には上昇し、摂食後の吸収期のあとでは低下していました。

食事中は特に炭水化物に反応して急上昇することが知られています。

セロトニンはアミノ酸であるトリプトファンに由来しますが、血中トリプトファンレベルは食物中の炭水化物の量に応じて変化します。

お菓子などを食べると気分高揚が起こるのは、血中トリプトファンと脳内セロトニンの上昇というのが、理由の1つとなります。

このような気分に対する炭水化物の作用は、ストレスを受けている期間には、とりわけ顕著であるとされています。

また、脳内セロトニン調節の異常は、摂食障害の要因の1つであると考えられています。

異常な低体重を自発的に維持しようとすることは、神経性拒食症の顕著な特徴となります。

また、神経性過食症は頻回の過食は特徴で、この反作用として強制的な嘔吐を伴います。

一般的にこれらの障害は、脳内セロトニンレベルの低下と関連した深刻な気分障害であるうつを伴うとされています。

また、セロトニンとの関連が一番はっきりしているのは神経性過食症の場合であるといわれています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  2. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  3. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  4. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  5. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
ページ上部へ戻る