横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。
Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない限り、他のいかなる運動パターンも健全ではありえないと示唆しています。
Lewitは、適切なパターンで呼吸できない人は、横隔膜が姿勢安定筋として働くためのコーディネーションや持久力および筋力が不足している可能性が高いと考えました。
Lewitの研究に基づくと、呼吸は、運動能力の向上に必要な基本能力であると考えられ、まず、効率的な呼吸パターンの獲得を優先する必要があります。

また、横隔膜の活動が体幹の安定性を補助しています。
横隔膜のコントロールを最適化する呼吸パターンは、コアスタビリティにとって基本的に重要であることを意味しています。
全人口の10%が不健全な呼吸パターンに苦しんでいます。
その割合は、喘息患者では30%に、不安症の患者では83%にまで跳ね上がります。
コアスタビリティとは、骨盤上の体幹姿勢と運動のコントロール能力であり、統合された競技活動において、力や運動を最大限に発揮して、末端部位までの転移をコントロールできる能力です。
すなわち、近位の安定性が遠位の可動性を決定づけます。

Cookによると、『最良のコアトレーニングプログラムとは、呼吸をしながら、また、所定の競技や活動でコアが受けるストレスを模倣するように機能的に四肢を動かしながら、自然でニュートラルな位置に脊椎を保持することを要求するトレーニングである』と言われています。
活動中にニュートラルな脊椎を保持することは、脊椎の整合性を維持するとともに、身体の様々な構造を傷害から守ると考えられています。
Kolarは、四肢の運動中に横隔膜が重要な働きしていることを見出しました。
Kolarはまた、別の研究において、腰痛とコアの機能、および横隔膜の機能の間の関連性を証明しました。
Kolarは、慢性腰痛(LBP)の患者18名と腰痛のない人29名を対象に、通常呼吸中および通常呼吸を行いながら外的負荷に抵抗して行う上肢と下肢の等尺性屈曲運動中に測定を行いました。
その結果Kolarは、慢性腰痛(LBP)群は横隔膜の移動がより小さく、横隔膜がより高い位置にあることを指摘しました。
研究者らは『横隔膜の呼吸運動はその安定化の働きと同時に起こる。横隔膜の身体安定機能が弱い人はこの呼吸との同時性に障害があり、静椎分節への過剰な負荷が生じる』と述べています。
この知見は、横隔膜の活動が不十分だったりコーディネーションが悪かったりすると、脊椎の安定性が損なわれることを示唆しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-9

    タンパク質のネットバランスとは?

    糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質…
  2. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  3. 2014-11-21

    筋繊維特性と筋肥大の関係

    筋トレをしているけど「筋肉が太くならない」と悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?筋肉を…
  4. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  5. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
ページ上部へ戻る