筋力トレーニングは身体を硬くする?

『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。

うそ?ほんと?

筋肉隆々の体を評して「鋼のような体」と言われるように筋肉をつけると体が硬くなると思われがちです。

そもそも体の硬さといっても、さまざまな意味があります。
簡単に3つに分けて説明します。

一つ目は【触ったときの硬さ】

ひじをグッと曲げて力こぶをつくると硬くなるのは、あくまでも筋肉が力を込めながら縮んでいる状態だからです。
マッチョな人でも、力を入れていない時は触れると柔らかいのです。

二つ目の硬さは【柔軟性が低いこと】

筋トレをしっかりやっている人の中には、柔軟性が低い人がいます。
しかしそのような人は1時間も2時間も筋トレは頑張るのに、ストレッチはせいぜい5分程度。
まったくやらない人もいます。
この場合、筋トレをやったから硬くなるのではなく、ストレッチ不足が原因です。
筋トレと並行してストレッチも行えば柔軟性は向上します。

三つ目は【動きの硬さ】

スポーツ選手の中には、動きが硬くなると思って筋トレをしない人がいます。
動きの柔らかさは、下半身→体幹→上半身、中心部→末端部へと筋肉がスムーズに連携して動く状態。
動きの硬さとは、その反対に連携が取れていないことを表します。
動きが硬くなるのも、技術練習の不足や誤りが原因。
筋トレだけではなく、正しい技術練習をしていれば、まったく問題ありません。

どの意味においても筋肉をつけて硬くなることはないので、安心して筋トレをしてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-18

    肥満と神経ヒスタミン

    ヒスタミンは広く知られているところで、花粉症のくしゃみなどアレルギー症状の原因になる物質です。…
  2. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  3. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  4. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  5. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
ページ上部へ戻る