斜頸や斜頭と寝る姿勢の関係

斜頸は、胸鎖乳突筋が慢性的に短縮した病態を指します。

この状態は、通常、若年の子どもや乳幼児にみられ、先天的または後天的に起こり得ます。

子どもや乳児は、ピンと張った筋の活動に影響され典型的な頭頸部の非対称姿勢をとります。

斜頸の原因としては、ほとんどが筋にあり、最も一般的な筋性斜頸では、胸鎖乳突筋の線維増殖が見られます。

斜頸の正確な原因は分かっていませんが、難産、骨盤位分娩、子宮内の位置異常や密集が関係しているとされています。

より深刻な非筋性の斜頸では、神経系や骨格系の病変が見られます。

斜頸の新生児の約1/3には斜頭が生じます。

斜頭は乳児の生まれつき柔らかい頭蓋骨の形が異常な成形やあとから歪んでくる状態です。

頭の歪みは、新生児の頭がほかの物に長い間あてがわれた状態で置かれることによって生じます。

一部の研究者は、斜頭のある新生児は回旋した頭が長い間集中的に何かに接触した結果、二次的に斜頭を生じてくると考えています。

アメリカ小児科学会では、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率減少のため、新生児は仰向けで寝かせるよう推奨しました。

するとアメリカにおける新生児の睡眠パターンは劇的に変化し、腹臥位つまりうつ伏せ寝が66%まで減少し、SIDS発生率は約38%まで減少しました。

しかし、この仰向け寝の増加により後側方頭蓋を反映する斜頭の発生率を増加させることとなりました。

さらに、この姿勢性斜頭の増加に平行して姿勢性斜頸の増加をもたらしていることが明らかになりました。

とはいえ、SIDSの救命効果は、斜頭や斜頸の発生率増加よりずっと価値のあるものです。

これに対し臨床家は、新生児が起きているあいだは、うつ伏せ遊びも行わせるよう推奨しています。

これにより斜頭や斜頸の可能性を減らすことになるでしょうし、新生児の自然な運動発達を促進することになるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-19

    Gate Control Theory

    Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発…
  2. 2015-8-18

    飢餓や絶食と代謝

    飢餓や減量のための絶食もストレスの一種です。代謝に必要なエネルギーが摂取できなくなると、体内…
  3. 2016-1-28

    「痛み感覚」とニューラルネットワーク

    慢性の痛みは脳内で自動的に記憶を引き出してしまうような「ニューラルネットワーク」を構築しています。…
  4. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  5. 2015-2-4

    トレーニングの方法

    トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違いま…
ページ上部へ戻る