大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。

大腿骨顆の形状をみてみると丸く、一見転がり運動に最適であり、これだけで運動を可能に出来てしまうのではないかと思いがちですが、そうではありません。

もし脛骨顆上を滑ることなく転がるだけであれば、大腿骨は脛骨からはみ出す、つまり脱臼してしまうでしょう。

これは大腿骨顆の円周の長さと脛骨顆の長さが関係しています。

つまり、大腿骨顆が転がりのみを行うためには、脛骨顆の距離がその円周の長さと同じだけなければならず、大腿骨顆の円周の長さが脛骨顆の長さの2倍あるという事実からそれは到底起こり得ないことであるということが伺えます。

それでは反対に、滑り運動だけ行っている可能性もあるのではないかと考えることができます。

すなわち、脛骨顆の一点に対して、大腿骨顆の表面がすべて対応するということです。

しかしこれも適切とは言えません。

脛骨顆の後縁上に大腿骨が衝突してしまうため、屈曲が不十分なうちに制限されてしまいます。

これらのことからも、大腿骨は脛骨上を転がりと滑りの運動を行うことで屈曲・伸展を可能にしていることが予想できます。

転がりつつ滑ることで、脛骨顆上の移動距離の問題を解消し、衝突によるブレーキもかからなくなるというわけです。

これは、1836年Weberらによって検証され、証明されました。

さらに、屈曲・伸展の際、滑りに対する転がりの比率が変化することもわかっています。

すなわち、最大伸展位から屈曲を開始すると、滑ることなく転がり始め、次第に滑り運動が加わり、最終域近くでは、転がりなしで滑るようになります。

また、内側顆と外側顆でも転がりの成分が異なります。

内側顆では、純粋な転がりは屈曲の最初の10〜15°の間のみに生じ、外側顆では屈曲が20°に達するまで転がりが継続します。

したがって、外側顆は内側顆に比べるとより速く転がり、このことは脛骨顆上に対応する大腿骨外側顆が動く長さの方が、大腿骨内側顆の動く長さよりも大きいことを表しているとされています。

これは、膝の自動回旋機構にも関連しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-26

    咀嚼と脳と健康

    咀嚼とは、噛む動作のことを言います。咀嚼筋は咬筋、側頭筋、内外翼突筋からなり、顎関節に作用し…
  2. 2015-7-20

    滑液の特性

    滑液は滑膜関節のほか、滑液包や腱鞘に存在します。滑膜関節における滑液は透明、もしくは淡い黄色で粘…
  3. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
ページ上部へ戻る