肘・前腕・手根・手部の神経

筋皮神経、橈骨神経、正中神経、尺骨神経は、肘、前腕、手根および手の筋や靭帯、関節包、皮膚に運動と感覚の枝を送ります。

筋皮神経は、C5-7脊髄神経髄節から形成され、上腕二頭筋、烏口腕筋、そして上腕筋を支配しています。

その名前が示すように、この神経は筋を支配した後、前腕外側の皮膚感覚を支配します。

橈骨神経は、C5-Th1脊髄神経髄節から形成され、腕神経叢の後神経束の続きとなります。

この大きな神経は上腕骨の橈骨神経溝内を通り上腕三頭筋と肘筋を支配します。

橈骨神経はその後、上腕骨遠位端外側に現れ、上腕外側上顆あるいはその周辺に付着する筋を支配しています。

橈骨神経は、肘の近位で、腕橈骨筋、上腕筋の小さな外側部、そして長橈側手根伸筋を支配します。

肘の遠位で橈骨神経は浅枝と深枝に分岐します。

浅枝は純粋な感覚枝、前腕と手の最も遠位部の後外側面を支配し、とくに母指の水かきの背側に集中しています。

深枝には橈骨神経の残りの運動神経線維が含まれます。

この運動枝は短橈側手根伸筋そして回外筋を支配します。

回外筋の筋内でできたトンネルを通過した後、橈骨神経の最終枝は前腕の後面に向かって走行します。

この最終枝はしばしば後骨間神経とよばれ、尺側手根伸筋や手指の伸展に働くいくつかの前腕筋を支配します。

正中神経はC6-Th1脊髄神経髄節から構成され、肘へ向かって走行し、上腕骨内側上顆あるいはその周辺に付着する筋の多くを支配しています。

これらの筋は、手根屈筋群と前腕の回内筋群そして深部にある浅指屈筋となります。

正中神経の深枝は前骨間神経とよばれ、前腕深部の筋を支配します。

すなわち、深指屈筋の外側半、長母指屈筋、そして方形回内筋となります。

正中神経本幹はそのまま続けて遠位に走行し、横手根靭帯の下で形成される手根管内を通過して手根を交差します。

その後、神経は母指と第2、3指の内在筋を支配します。

正中神経は、手掌の外側、母指の手掌面、そして第2、3および第4指半分の外側部の感覚神経線維を送っています。

この感覚支配は特に示指と中指の遠位部に密であり集中しています。

尺骨神経はC8-Th1脊髄神経髄節から形成される腕神経叢の内側神経束からの直接の分枝となります。

内側上顆の上方を通過したあと、尺骨神経は尺骨手根屈筋と深指屈筋の内側半を支配します。

神経はその後、手根管の外面を通過、交差し多くの内在筋を支配します。

尺骨神経は環指の内側半および小指前部を含む手の尺側の皮膚の感覚支配を行います。

この感覚支配はとくに小指と手の尺側縁に集中しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  2. 2015-9-23

    大殿筋 

    起始:仙骨後面の側方、腸骨の殿筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯停止:(上部…
  3. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  4. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  5. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
ページ上部へ戻る