大腿骨上の骨盤伸展と骨盤上の大腿骨伸展

ひとことに股関節の運動といっても、大腿骨上を骨盤が移動するのと、骨盤上を大腿骨が移動するのとでは、その様相が変わります。

腰椎上の体幹を相対的に固定した状態で、股関節伸筋と腹筋群は骨盤を後傾させるフォースカップルとして働きます。

後傾を股関節をわずかに伸展させ、腰椎前弯を減少させます。

骨盤後傾に関する筋運動学は骨盤前傾のそれと一般的に似ています。

両方の傾斜作用において、フォースカップルが股関節筋と体幹筋の間に存在します。

結果的に両側大腿骨頭を中心点として、骨盤は比較的短い弧を描き回転します。

立位時、股関節包靭帯と屈筋両方の緊張によって、骨盤後傾運動の最終域が決まります。

骨盤前傾の最終域とは異なり、腰椎が骨盤後傾の最終域を制限することはありません。

普段の生活でよくある動作の、立位での体幹前傾の股関節伸筋によるものです。

例えば、洗面台で顔を洗ったりする際の体幹前傾を考えてみると、このほぼ静止した姿勢は股関節伸筋、主にハムストリングスの働きによります。

さらに、股関節伸筋群は、身体を上方と前方に加速させるために、骨盤上の大腿骨に大きく力強い伸展トルクを生じさせることができます。

つまりこれは、骨盤上の大腿骨の運動を起こすことが出来るということです。

例えば、急な山道を登るときの右股関節に要求される働きについて考えてみると、重たいリュックを背負っていたとして、右股関節が屈曲位が入ると、さらに大きな外的屈曲トルクが股関節に発生します。

しかし、この股関節屈曲位は伸筋による大きな伸展トルクの産生に有利に働きます。

さらに、股関節の深い屈曲は、多くの内転筋の伸展トルクを生み出すことができ、主要な股関節伸筋を補助します。

下部腰椎の伸展筋の作用は、強く作用している股関節屈曲に対して骨盤を安定させると同時に、屈曲した体幹をサポートします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  2. 2017-3-5

    カラダの大きな力を出せないしくみ

    スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。そんな時にきちんと大…
  3. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
ページ上部へ戻る