大腿骨上の骨盤伸展と骨盤上の大腿骨伸展

ひとことに股関節の運動といっても、大腿骨上を骨盤が移動するのと、骨盤上を大腿骨が移動するのとでは、その様相が変わります。

腰椎上の体幹を相対的に固定した状態で、股関節伸筋と腹筋群は骨盤を後傾させるフォースカップルとして働きます。

後傾を股関節をわずかに伸展させ、腰椎前弯を減少させます。

骨盤後傾に関する筋運動学は骨盤前傾のそれと一般的に似ています。

両方の傾斜作用において、フォースカップルが股関節筋と体幹筋の間に存在します。

結果的に両側大腿骨頭を中心点として、骨盤は比較的短い弧を描き回転します。

立位時、股関節包靭帯と屈筋両方の緊張によって、骨盤後傾運動の最終域が決まります。

骨盤前傾の最終域とは異なり、腰椎が骨盤後傾の最終域を制限することはありません。

普段の生活でよくある動作の、立位での体幹前傾の股関節伸筋によるものです。

例えば、洗面台で顔を洗ったりする際の体幹前傾を考えてみると、このほぼ静止した姿勢は股関節伸筋、主にハムストリングスの働きによります。

さらに、股関節伸筋群は、身体を上方と前方に加速させるために、骨盤上の大腿骨に大きく力強い伸展トルクを生じさせることができます。

つまりこれは、骨盤上の大腿骨の運動を起こすことが出来るということです。

例えば、急な山道を登るときの右股関節に要求される働きについて考えてみると、重たいリュックを背負っていたとして、右股関節が屈曲位が入ると、さらに大きな外的屈曲トルクが股関節に発生します。

しかし、この股関節屈曲位は伸筋による大きな伸展トルクの産生に有利に働きます。

さらに、股関節の深い屈曲は、多くの内転筋の伸展トルクを生み出すことができ、主要な股関節伸筋を補助します。

下部腰椎の伸展筋の作用は、強く作用している股関節屈曲に対して骨盤を安定させると同時に、屈曲した体幹をサポートします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  2. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  3. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  4. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  5. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
ページ上部へ戻る