大腿骨上の骨盤伸展と骨盤上の大腿骨伸展

ひとことに股関節の運動といっても、大腿骨上を骨盤が移動するのと、骨盤上を大腿骨が移動するのとでは、その様相が変わります。

腰椎上の体幹を相対的に固定した状態で、股関節伸筋と腹筋群は骨盤を後傾させるフォースカップルとして働きます。

後傾を股関節をわずかに伸展させ、腰椎前弯を減少させます。

骨盤後傾に関する筋運動学は骨盤前傾のそれと一般的に似ています。

両方の傾斜作用において、フォースカップルが股関節筋と体幹筋の間に存在します。

結果的に両側大腿骨頭を中心点として、骨盤は比較的短い弧を描き回転します。

立位時、股関節包靭帯と屈筋両方の緊張によって、骨盤後傾運動の最終域が決まります。

骨盤前傾の最終域とは異なり、腰椎が骨盤後傾の最終域を制限することはありません。

普段の生活でよくある動作の、立位での体幹前傾の股関節伸筋によるものです。

例えば、洗面台で顔を洗ったりする際の体幹前傾を考えてみると、このほぼ静止した姿勢は股関節伸筋、主にハムストリングスの働きによります。

さらに、股関節伸筋群は、身体を上方と前方に加速させるために、骨盤上の大腿骨に大きく力強い伸展トルクを生じさせることができます。

つまりこれは、骨盤上の大腿骨の運動を起こすことが出来るということです。

例えば、急な山道を登るときの右股関節に要求される働きについて考えてみると、重たいリュックを背負っていたとして、右股関節が屈曲位が入ると、さらに大きな外的屈曲トルクが股関節に発生します。

しかし、この股関節屈曲位は伸筋による大きな伸展トルクの産生に有利に働きます。

さらに、股関節の深い屈曲は、多くの内転筋の伸展トルクを生み出すことができ、主要な股関節伸筋を補助します。

下部腰椎の伸展筋の作用は、強く作用している股関節屈曲に対して骨盤を安定させると同時に、屈曲した体幹をサポートします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-2

    筋のガーディングとは

    筋のガーディングとは、痛み刺激に反応する筋の持続的収縮であり、防御的に体が過度に動くのを防ぐためのサ…
  2. 2015-1-14

    水分摂ってますか?はいコーヒーを飲んでます。

    運動をしている人もそうでない人も水分補給は欠かせないものですが、こと冬に関しては摂取量が減ってしまい…
  3. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  4. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  5. 2014-9-27

    運動後のストレッチを行ってますか?

    皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
ページ上部へ戻る