今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。

[柔軟性・筋力・感覚]

腰痛の人と、そうでない人の決定的な違いは何でしょうか?

全身の「筋肉の状態」と「バランス」です。

筋肉の状態は、「柔軟性」と「筋力の状態」によって「良い」「悪い」を判断します。

バランスとは、身体の左右と前後の比較です。

全身の筋肉の主な役割は身体を「支える・動かす」ことで、そのために筋肉には「筋力」「柔軟性」「感覚」の3つの性能が欠かせません。

柔軟性は、筋肉の伸びやすさや、関節の動く範囲を表し、柔軟性が低いと姿勢が悪くなり腰椎に負担がかかります。

反対に柔らかすぎても、力が弱くて身体を支えられないため、これも腰椎に負担をかけてしまいます。

筋肉は柔らかすぎても硬すぎてもダメで、適度なバネ(弾力性)が必要なのです。

筋力は、筋肉が縮む力のことです。これは、体重が重いほど必要になります。

腰痛の場合には、瞬間的な筋力だけではなく、長い時間脊柱を支え続けるために「筋持久力」が必要になってきます。

ところが筋力は長い時間、力を発揮し続けると硬くなりやすいので、柔軟性とのバランスを同時に考えなければなりません。

最後に「感覚」ですが、柔軟性や筋力があっても筋肉の伸び縮みを感じ取る感覚が備わっていなければ何もなりません。

実はこの感覚を意識できることが最も重要なのです。

ところが、腰痛を抱える人の中には、ストレッチをしても肝心の筋肉の「伸びる感じ」を得られない、筋強化をしても筋肉の「縮む感じ」が意識できない人がいます。

それでは運動療法の効果は期待できません。

ストレッチや筋強化では、ただ動作を行えばよいのではなく、目的の筋肉の「伸び縮み」を意識できなければならないのです。

この逆に、筋肉の「コリや張り」を常に感じるような「過敏な状態」もよくありません。

コリや張りが出るのは筋肉であって、脊柱自体が「コリや張る」ことはありません。

これら「筋力・柔軟性・感覚」3つの組み合わせで、筋肉の状態が理解できます。

「良い状態」とは「よく伸びて力強く縮み、十分に感覚が意識できる状態」であり、「最も悪い状態」は、「伸びない、筋力が弱い、感じない」の状態です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  2. 2015-1-15

    相撲における『股割り』『腰割り』の重要性

    相撲での柔軟性というと、180度脚を広げて胸を地面につける「股割り」が真っ先に思い浮かぶ、それは、相…
  3. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  4. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  5. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
ページ上部へ戻る