今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。

[柔軟性・筋力・感覚]

腰痛の人と、そうでない人の決定的な違いは何でしょうか?

全身の「筋肉の状態」と「バランス」です。

筋肉の状態は、「柔軟性」と「筋力の状態」によって「良い」「悪い」を判断します。

バランスとは、身体の左右と前後の比較です。

全身の筋肉の主な役割は身体を「支える・動かす」ことで、そのために筋肉には「筋力」「柔軟性」「感覚」の3つの性能が欠かせません。

柔軟性は、筋肉の伸びやすさや、関節の動く範囲を表し、柔軟性が低いと姿勢が悪くなり腰椎に負担がかかります。

反対に柔らかすぎても、力が弱くて身体を支えられないため、これも腰椎に負担をかけてしまいます。

筋肉は柔らかすぎても硬すぎてもダメで、適度なバネ(弾力性)が必要なのです。

筋力は、筋肉が縮む力のことです。これは、体重が重いほど必要になります。

腰痛の場合には、瞬間的な筋力だけではなく、長い時間脊柱を支え続けるために「筋持久力」が必要になってきます。

ところが筋力は長い時間、力を発揮し続けると硬くなりやすいので、柔軟性とのバランスを同時に考えなければなりません。

最後に「感覚」ですが、柔軟性や筋力があっても筋肉の伸び縮みを感じ取る感覚が備わっていなければ何もなりません。

実はこの感覚を意識できることが最も重要なのです。

ところが、腰痛を抱える人の中には、ストレッチをしても肝心の筋肉の「伸びる感じ」を得られない、筋強化をしても筋肉の「縮む感じ」が意識できない人がいます。

それでは運動療法の効果は期待できません。

ストレッチや筋強化では、ただ動作を行えばよいのではなく、目的の筋肉の「伸び縮み」を意識できなければならないのです。

この逆に、筋肉の「コリや張り」を常に感じるような「過敏な状態」もよくありません。

コリや張りが出るのは筋肉であって、脊柱自体が「コリや張る」ことはありません。

これら「筋力・柔軟性・感覚」3つの組み合わせで、筋肉の状態が理解できます。

「良い状態」とは「よく伸びて力強く縮み、十分に感覚が意識できる状態」であり、「最も悪い状態」は、「伸びない、筋力が弱い、感じない」の状態です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-30

    トリガーポイントという概念

    日常生活を送っていると、特に何かをしたわけじゃないのに体が痛い、調子がよくない、というようなことがよ…
  2. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  3. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  4. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  5. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
ページ上部へ戻る