肥満とは単純に体重が増えるのではなく、厳密には体を構成する成分のうち、脂肪組織の占める割合が異常に増加した状態になります。
ただし、実際には体脂肪を正確に、しかも簡単に測定できる方法がないのが一般的で、身長あたりの体重がどれだけ過剰であるかによって肥満を判定しています。

現在ではBMI(body mass index :体重/身長㎡)を体格指数として用いています。
例としてBMIを22として出してみます。

標準体重=身長(㎡)×22
そして肥満度を(実測体重-標準体重)/標準体重×100%で計算をして、この肥満度が20%を上回ると肥満とされます。

肥満には、原因となるものがない単純性(本態性)肥満と、内分泌疾患・視床下部疾患・遺伝性疾患などに随伴しておこる症候性(随伴性)肥満とがあります。

単純性肥満はというと、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っている事で起きるもので、食べ過ぎまたは運動不足が原因となってきます。
症候性肥満のうち内分泌肥満は、ホルモンの作用で脂肪代謝に障害がおきて肥満となります。
たとえば、クッシング症候群では副腎皮質ホルモンが過剰に分泌され、脂肪同化作用が亢進し脂肪組織に脂肪が蓄積していきます。
その他にも、甲状腺ホルモンの不足によっても肥満になりますし、副腎皮質ホルモン剤を長期間にわたって使用している方も脂肪組織が増えていきます。

やはりもっとも多いのは単純性肥満が多く、症候性の肥満は少ないと考えられます。

単純性肥満での対策はカロリー制限を基本とする食事療法と、運動を行う運動療法をおこなっていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-9

    マウスピースの効果

    最近、ボクシングやアメフトなどのスポーツ以外のアスリートでもマウスピースを着けている人が多く見られる…
  2. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  3. 2017-1-25

    メカニカルストレス

    メカニカルストレスとは、「力学的ストレス」のことで、何かを持ち上げたり引っ張ったりするときに筋肉や腱…
  4. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  5. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
ページ上部へ戻る