アミノ酸に期待される効果

スポーツの分野でアミノ酸に期待される効果は、大きく分けて筋力の向上、持続力の向上、疲労回復・疲労予防の3つです。

筋肉を構成しているのはアクチンとミオシンというタンパク質で、このアクチンとミオシンの主成分はロイシン、イソロイシン、バリンというアミノ酸です。

この三種のアミノ酸は、側鎖が分岐している分子構造から、分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれています。

筋タンパク質に含まれている必須アミノ酸の約35%がBCAAで占められていて、筋肉の質を高める上で重要です。

激しい運動をすると、当然筋繊維は損傷を受けます、損傷を受けては修復することの繰り返しによって筋繊維が増え、骨格筋量が増加し筋肉が発達して、強靭なものとなっていくのです。

しかし筋繊維の材料となるBCAAが不足していると、筋肉の修復が十分に行われなくなってしまします。

その時にBCAAを補給してやることによって筋肉はしっかり修復され、次第に強くなります。

アミノ酸は骨格筋などを形成する材料だけでなく、運動に際して必要に応じてエネルギー源となるため、アスリートにとっては持久力を高める重要な栄養素となります。

激しいトレーニングや長時間の持久走などを行うと、糖質を使い果たしたあと、筋肉中のタンパク質を分解し、分岐鎖アミノ酸がエネルギー源として使われることになります。

この時、外から分岐鎖アミノ酸を外から補給してやることによって、筋肉の損傷や筋力の低下が予防できるだけでなく、運動エネルギーとしても利用されることになり、スタミナを長時間維持することができ、さらに筋肉痛や筋肉疲労の軽減にも役立ちます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-1

    赤血球と貧血の関係性を考える。

    赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  2. 2015-10-26

    喫煙と栄養学の関係

    タバコを吸うことによって、ニコチンなどの有害物質が体内に侵入してきます。喫煙によって体にもた…
  3. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  4. 2015-9-6

    姿勢保持と平衡運動反射

    種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。自己の姿勢や運…
  5. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
ページ上部へ戻る