関節運動学的アプローチ(AKA)

関節運動学的アプローチ(arthrokinematic approach ; AKA)は「関節運動学に基づく治療法で、滑膜関節における関節の遊びと構成運動である関節面の滑り、転がり、軸回旋などの関節包内運動を改善する治療法である」と定義されています。

AKAは関節可動域制限や運動痛の原因として最も多い関節機能異常などの関節包運動の異常に対する根治療法となります。

関節包内運動は骨運動に伴って生じる構成運動と、副運動に分類できます。

これら骨運動に伴って生じる関節包内運動は一定の法則に従っています。

運動がおこる骨の関節面が凹面と凸面かによって骨運動と関節面の滑りが決まります。

凹の関節面をもつ骨が運動する場合には、骨の運動方向と関節面の滑りの方向が同じになります。

これを凹の法則と呼びます。

逆に、凸の関節面をもつ骨が運動する場合には、骨の運動方向と関節面の運動方向が逆になります。

これを凸の法則と呼びます。

AKA技術のうち、副運動を利用した技術は関節が最も緩んだ位置で実施します。

AKAの適応には関節機能異常、単純性関節炎および関節炎特殊型が挙げられます。

関節機能異常は痛みの原因で最も多く、主として仙腸関節に発症します。

単純性関節炎は二次的に関節包内運動が障害されて痛みが生じるとされています。

関節炎特殊型では関節包内運動の障害は二次的なもので、単純関節炎とは異なり、いったん発症すると症状の消失と再発を繰り返し、治癒しないのが特徴だと言われています。

AKAの基本的治療技術としては、副運動を利用したものと、構成運動を利用したものがあり、副運動を利用した技術には、滑り法、離開法、軸回旋法があります。

主に関節包内運動異常の治療、関節包・靭帯の伸張法、仙腸関節、肋椎関節、椎間関節などの治療に用いられています。

滑りは全関節面を動かし、離開は関節の一部を動かすものとなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-22

    リクルートメントとレートコーディング

    筋肉の収縮は興奮収縮連関によって生じ、運動単位は筋収縮の基本単位となります。ある特定の筋の収縮力…
  2. 2017-3-16

    エクササイズのステップアップ

    ケガをさせない身体づくりで重要なコンセプトは⓵「姿勢」「動作」「筋活動」の最適化、⓶至適な負荷強度、…
  3. 2017-3-17

    バランス能力と姿勢制御戦略

    バランス能力に必要な条件は、支持基底面内に重心を溜め、支持基底面から外れた重心の位置を素早く戻す能力…
  4. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
  5. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
ページ上部へ戻る