肩甲上腕関節とその調整器

上腕骨頭と関節窩との間の緩い適合の結果、肩甲上腕関節では広範囲な可動域が可能となります。

そのためそれを取り囲んでいる関節包には運動を制限するような太さをもつ靭帯がありません。

つまり、肩甲上腕関節では、安定性を犠牲にして可動性を優先する構造になっていることになります。

肩を交差するほとんどの筋は肩甲上腕関節に対して何らかの形で動的安定性を何らかの形で提供していますが、腱板を構成する筋はこの機能に特に優れています。

腱板の基本的形態・機能は、肩甲上腕関節における自然の安定性の不十分さを代償することにあります。

腱板構成筋のの遠位付着部は、その近位上腕骨への停止前に肩甲上腕関節包と合流します。

この解剖学的配列によりいったん神経系からの指令を受けると関節周囲を保護する強固なカフが形成されます。

身体のどの部分をみてもこのようにたくさんの筋が関節周囲の密接な構造部分を形成する部位はありません。

腱板によって生じる力は、上腕骨を自動的に回旋するだけでなく上腕骨を関節窩に安定させ、中心に向けます。

したがって肩甲上腕関節の動的安定性は健常な神経筋系および筋骨格系を必要とします。

これら神経筋系、筋骨格系という2つのシステムは肩甲上腕関節周辺の結合組織内に存在する固有受容器を通じて機能的に統合されていると考えられます。

これら神経支配下の結合組織は反射弓の一部として機能し、関与する筋に対して迅速で重要な情報を提供しています。

このフィードバック機構は不可欠な動的安定性を提供するだけでなく、意識下レベルにおいてですら関節包内運動を調整するための筋の機能を活性化します。

機能的訓練を通してこのような固有感覚メカニズムへの追求は、肩の不安定性を有する患者のリハビリテーションプログラムの重要な構成要素となっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  2. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  3. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  4. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  5. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
ページ上部へ戻る