ヒトの体温調節機構

最近、寒くなってきましてね。
冷え性でお困りの方は、多いのではないでしょうか?

冷え性とは、特に手や足の先などの四肢末端あるいは上腕部・大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のことをいいます。

原因としては、ホルモンの変動とそれに伴う自律神経のバランスの乱れが考えられます。
また、間違ったダイエットも冷え性の原因になります。
これは、タンパク質・ビタミン・ミネラル・脂肪などの摂取不足から栄養失調を生じるためです。
冷え性は女性に多く、女性は男性に比べて筋肉量が少ないことも原因の一つです。

人間はもともと体温が大きく変化する動物ではなく、気温が変化しても一定の体温に保とうとします。
私たちの体は、血液の流れる量を変化させたり汗をかいたりすることで、体温を一定に保つように調節されます。

例えば、皮膚から寒さを感じるとします。
その情報が脳の自律神経の中枢「視床下部」に伝えられ、ここから体温を一定に保つよう指令が出されます。
すると血管を縮めて血液をあまり流さないようにすることで、皮膚表面の温度を低く保ち、体内の熱を外に逃がしにくくします。
また、寒いと自然に体が震えますが、これは筋肉を震わせて体温を上げようとする反応です。

逆に暑くて体温が上がりそうな時には、血管を広げてたくさんの血液を流し、皮膚の表面温度を上げて熱を出したり、汗をかいて熱を逃がしたりするように調整されているわけです。

冷え性を根本的に改善するには、この体温調節機能を正常化することが大切なのです。

そのためには、過度なストレスや不規則な生活をして、自律神経のバランスを乱さないように気をつけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-6

    細胞呼吸とは

    細胞内では、炭水化物、脂肪、タンパク質などの有機化合物を分解し、そのときに生じたエネルギーをATPの…
  2. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  3. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  4. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  5. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
ページ上部へ戻る