偏平足とは

偏平足は、内側縦アーチの慢性的な低下あるいは異常な低さを示します。

この状態は主として後脛骨筋腱やスプリング靭帯、足底腱膜の弱化や過度な伸張の組み合わせによる、中足部と近位前足部のなかでの関節の緩みの結果として起こります。

歩行時の立脚相の際、後足部が過度な外反肢位をとると距骨下関節は過度に回内されます。

下降した距骨と舟状骨は、隣接する皮膚に胼胝をつくる原因となります。

偏平足を伴う人の足部は、足跡つまりフットプリントにおいて、中足部領域が明らかに広く、これはアーチを支える関節の過度の緩みを示しています。

通常、中等度から重度な偏平足では、足部の前後に負荷を消散させる能力が失われます。

外在筋と内在筋からの自動的力は、過伸張されたあるいは弱化した結合組織による緊張の不足を代償するために必要となるかもしれません。

安静な立位のあいだ増加する筋活動は、疲労や痛み、シンスプリント、骨棘、足底腱膜の炎症や肥厚などの過用症候群を引き起こす可能性もあるでしょう。

偏平足には、硬いまたは柔軟な変形が存在します。

硬い偏平足は、非荷重肢位でも同様に高さの低下したアーチを示します。

この変形は、しばしば先天的で、足根骨癒合のような骨または関節奇形による二次的なものとなります。

また、偏平足は痙性麻痺や筋による過大な牽引の結果起こることもあります。

固定される性質や痛みを生じる可能性のため、硬い偏平足は幼年期に観血的矯正を必要とすることもあります。

柔軟な偏平足は、より頻繁にみられる偏平足のタイプとなります。

内側縦アーチは、非荷重では正常にみえますが、体重負荷により過度に低下します。

柔軟な偏平足はしばしば足部の過度の回内を引き起こす構造奇形か代償機構、増加した局所の結合組織の緩み、後脛骨筋の機能不全や腱炎を随伴します。

外科的治療は柔軟な偏平足に対してはほとんど適用されません。

そのため、治療は通常、装具、エクササイズなどです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  2. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  3. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
ページ上部へ戻る