温熱刺激の神経・筋に対する影響

温熱刺激を行うと、体温調節系や呼吸循環系といった全身反応や、細胞や末梢血管などといった局所反応が起こります。

神経・筋も例外ではありません。

一般に、組織温度が1℃上昇するごとに、神経伝導速度が約2m/秒早くなると言われています。

この神経伝導速度の変化は、無髄神経線維よりも有髄神経線維が、また、大径線維よりも、小径線維が大きく、痛みを伝える求心性神経で考えると、小径の有髄線維であるAδ線維が、無髄線維であるC線維よりも温度変化の影響を受けやすくなっています。

急性痛の一種である一次痛は、Aδ線維を経由して中枢に伝達されますが、温熱刺激はこの線維の伝導速度を速めることになり、痛みの増悪につながる可能性もあります。

これとは反対に、冷却すると伝導速度が低下するため、急性痛に対しては寒冷療法が推奨されます。

筋への影響としては、局所や全身の加温により緊張性収縮による筋のスパズムが軽減し、筋のリラクゼーションが得られると考えられています。

筋温が42℃となると、筋紡錘からの求心性線維であるIa線維とゴルジ腱器官からのIb線維の活動は増加すると言われています。

逆に、筋紡錘二次終末からの求心性線維であるII群線維や錘内筋線維への遠心性線維であるγ線維の活動は減少します。

これらの神経線維への影響の中で、Ib線維の活動増加やγ線維の活動低下は当該筋のα線維の活動低下を招きますが、これは加温による筋のリラクゼーション硬化に一部関与していると考えられています。

さらに、筋を加温すると粘稠性が低下し、弾性は増加すると言われており、筋は他動的伸張に対する抵抗性が減少します。

実際に、温熱刺激によって、痙縮筋の筋放電の減少や脊髄前角細胞の興奮性を表すとされるH波・F波の振幅の減少が確認されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  2. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。人…
  3. 2016-2-21

    卵円孔開存と片頭痛

    心臓は4つの部屋からなっており、まず縦の壁である心房中隔と心室中隔によって完全に左右に分けられます。…
  4. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  5. 2014-10-3

    「NO pain no gain」痛みの考え方

    『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
ページ上部へ戻る