膝の関節周辺防御機構

膝の関節周辺防御機構とは、主に3つの靭帯組織系によって構成されます。

内側側副靭帯(MCL)、外側側副靭帯(LCL)、そして後方関節包線維構成体です。

MCLは115kg/c㎡の力に対抗できると言われ、この靭帯が断裂するまで12.5%の長さまで伸張できると言われています。

これに対してLCLの場合は276kg/c㎡と19%となります。

したがって、MCLに比べLCLの方がはるかに強靭で弾力性に富んでいることになります。

後方関節方線維構成体は、内側顆状板と、種子骨のある外側顆状板そしてその補強組織で斜膝窩靭帯と弓状膝窩靭帯からなります。

これらの組織に加えて、4つの組織腱鞘からなる構成体が存在しますが、これらも強靭さとその重要性に関しては前述の構成体と同様であると言えます。

その中でも最も重要なものが後内側線維腱鞘であると言われています。

後内側線維腱鞘は内側側副靭帯の後方に存在し、最も後方にある線維を内側側副靭帯由来のものが、内側の境界部を内側顆状板が、半膜様筋腱から伸びた2つの線維束、つまり内側半月由来の半月線維束と脛骨顆の内縁に沿って屈折して付着している線維束がそれぞれ構成しています。

これに対して、後外側線維腱鞘は後内側のものと比べると強靭ではありません。

これはこの部位では膝窩筋腱によって外側半月が関節包やLCLから分離されているからになります。

この腱は、外側半月の後縁へは半月線維展開部となって付着しています。

半月線維展開部の補強は、LCLの短線維束および外側顆状板の外側縁によって行われます。

一方、前外側線維腱鞘は、広筋膜によって構成されます。

広筋膜は膝蓋骨の外側縁へと広がり、大腿四頭筋の外側部分を形成する外側広筋の線維の一部へとつながります。

これに対し前内側線維腱鞘は、他の広筋群から伸びた線維によって構成され、膝蓋骨の内側縁に付着している縫工筋腱からの展開線維によって補強されています。

またこれらの関節周囲筋が膝の関節周辺防御機構に関与しています。

すなわち、大脳皮質は予期しうる外部からのストレスに対して神経運動パターンによる協調された筋収縮を行うことで、他動的にのみしか反応できない靭帯を助け、関節の機械的な歪みに対抗します。

これらの筋の中で最も重要なものが大腿四頭筋であり、この筋の働きなしには膝の安定性は得られません。

大腿四頭筋はその筋力やタイミングの良い働きにより、靭帯の弱点を代償するのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  2. 2016-1-24

    オメガ3脂肪酸の抗炎症機能

    EPAやDHAなどの「オメガ3脂肪酸」は魚油などに多く含まれていて、「オメガ3脂肪酸」は視力の維持や…
  3. 2016-6-24

    横隔膜の呼吸運動

    横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-11-23

    筋収縮力と剛性と脊柱安定性

    筋が収縮するとき、力と剛性が生成されます。剛性は常に安定化するように働きますが、力は安定化に…
ページ上部へ戻る