寛骨臼唇の損傷と変性

体幹、骨盤、大腿骨間の必要不可欠な動作では、寛骨臼唇に対して圧迫、伸張、剪断力が働きます。

そのため、寛骨臼唇は機械的刺激に基づいた病状に対して特に脆くなります。

関節唇損傷のメカニズムは人それぞれであり、損傷はすべての年代で起こります。

高齢者の股関節において、関節唇の変性は非常に一般的な所見であり、しばしば無症候性となります。

このことは関節唇の変性が股関節の自然な摩耗と関連していることを示唆しています。

関節唇の頻度は少ないですが、単独の損傷は若年または中年、活動的な人、股関節の反復または動作後に起こります。

この種の障害は寛骨臼の前方に沿って損傷が起こります。

機械的な症候としてはほとんどの場合、クリック音が発生します。

しかし、痛みは前方部以外にも存在します。

これらの症候がサッカー、ゴルフ、長距離走、バレー、野球といった運動と関係していれば、関節唇障害の疑いは強くなります。

その他の関節唇障害のメカニズムは、股関節脱臼、転倒、交通事故から起こる痛み症候は知らない間に進行し、特別なできごとと関係していないことがよくあります。

しかしながら、関節唇の損傷は診断が難しく、関節鏡視下で観察されない限り、長年放置されます。

単独の関節唇損傷における関節鏡視下の治療は、一般的に損傷部位のデブリードマンを伴います。

損傷または別の原因で変性した関節唇は関節の安定性の低下、関節ストレスの増加、関節の適合の減少を起こします。

これは、McCartyらによる、関節唇損傷疑いの456名の関節鏡観察によって支持されます。

それによると、関節唇損傷のある患者の73%が寛骨臼内の軟骨損傷を有しており、そのほとんどが関節唇損傷と同じ位置にあり、前方に位置していました。

さらに、軟骨損傷は関節唇損傷のない人のうちわずか6%しか存在しませんでした。

関節唇と軟骨の両方の損傷は、機械的ストレスにダメージを与えている環境にあることを強く示唆しています。

このように関節間の損傷のリスクを有する人は、急性外傷、反復性の微細損傷、寛骨臼または大腿骨付近の異形成の既往を有していることが多いとされています。

形成異常が関節に影響を与える軽度または重度の構造的な異形成かどうかが、最終的には関節内のストレスに影響を与え、大腿骨頭と寛骨臼の適合性とゆとりを変えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-14

    神経系とは

    神経系は、末梢からの刺激を受け取り、これに対して興奮を起こす中枢神経系と、刺激や興奮を伝導する末梢神…
  2. 2015-2-2

    DHA(ドコサヘキサエン酸)

    近年、日本では、食生活の欧米化が進み生活習慣病が増加傾向にあります。以前は成人病と呼ばれた生…
  3. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  4. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  5. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
ページ上部へ戻る