寛骨臼唇の損傷と変性

体幹、骨盤、大腿骨間の必要不可欠な動作では、寛骨臼唇に対して圧迫、伸張、剪断力が働きます。

そのため、寛骨臼唇は機械的刺激に基づいた病状に対して特に脆くなります。

関節唇損傷のメカニズムは人それぞれであり、損傷はすべての年代で起こります。

高齢者の股関節において、関節唇の変性は非常に一般的な所見であり、しばしば無症候性となります。

このことは関節唇の変性が股関節の自然な摩耗と関連していることを示唆しています。

関節唇の頻度は少ないですが、単独の損傷は若年または中年、活動的な人、股関節の反復または動作後に起こります。

この種の障害は寛骨臼の前方に沿って損傷が起こります。

機械的な症候としてはほとんどの場合、クリック音が発生します。

しかし、痛みは前方部以外にも存在します。

これらの症候がサッカー、ゴルフ、長距離走、バレー、野球といった運動と関係していれば、関節唇障害の疑いは強くなります。

その他の関節唇障害のメカニズムは、股関節脱臼、転倒、交通事故から起こる痛み症候は知らない間に進行し、特別なできごとと関係していないことがよくあります。

しかしながら、関節唇の損傷は診断が難しく、関節鏡視下で観察されない限り、長年放置されます。

単独の関節唇損傷における関節鏡視下の治療は、一般的に損傷部位のデブリードマンを伴います。

損傷または別の原因で変性した関節唇は関節の安定性の低下、関節ストレスの増加、関節の適合の減少を起こします。

これは、McCartyらによる、関節唇損傷疑いの456名の関節鏡観察によって支持されます。

それによると、関節唇損傷のある患者の73%が寛骨臼内の軟骨損傷を有しており、そのほとんどが関節唇損傷と同じ位置にあり、前方に位置していました。

さらに、軟骨損傷は関節唇損傷のない人のうちわずか6%しか存在しませんでした。

関節唇と軟骨の両方の損傷は、機械的ストレスにダメージを与えている環境にあることを強く示唆しています。

このように関節間の損傷のリスクを有する人は、急性外傷、反復性の微細損傷、寛骨臼または大腿骨付近の異形成の既往を有していることが多いとされています。

形成異常が関節に影響を与える軽度または重度の構造的な異形成かどうかが、最終的には関節内のストレスに影響を与え、大腿骨頭と寛骨臼の適合性とゆとりを変えます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-13

    競技力アップのための「専門スキル」

    いかにダイナミックな競技動作の中で、パワーを上手に発揮するのかという点についてのポイントは「反動をつ…
  2. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
  3. 2016-1-11

    単純な行動も脳のさまざまな部位によって制御されている。

    単純な反射反応から複雑な精神活動まで、すべての行動は適切に相互されたニューロン間に起こるシグナル伝達…
  4. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  5. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
ページ上部へ戻る