腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解してみると、どうやら理解が簡単な病気ではなさそうです。

腰椎は5個の椎体が積み重なっていて第3腰椎を中心に約30度前彎していますが、脊柱の基部を形成するパーツなので力学的に負担が大きく、いろいろな障害が起きやすいのが特徴です。

腰椎の動きは複雑ですが、屈曲(おじぎ動作)、伸展(反り返り動作)、回旋(ゴルフスイング等のひねり動作)、側屈(サッカーのフェイント動作など)の要素に分けることができます。

お子さんが夏休み早朝に行うラジオ体操はこれらの動きをすべて含むので確認するのもいいですね!!

しかし、骨・関節・椎間板軟骨・靭帯だけで複雑な運動をスムーズに行うことは困難なので、周辺の筋群(体幹筋群)がサポートしてくれます。

日常生活動作の自立度は、バーセル・インデックス(Barthel index)で評価されます。

この評価項目は、「1 食事、2 移動(車イス⇔ベッド)、3 整容(頭髪を整えたり歯を磨いたりすること)、4 トイレの出入り、5身体を洗う、6 平地歩行、7 階段昇降、8 更衣、9 排便コントロール、10 排尿コントロール」で、ほとんどがアシ・コシに関わる項目です。

だから”腰(コシ)”は身体の要といわれるのでしょう。

解剖学的形態から頚椎・胸椎・腰椎はそれぞれ得意な運動方向があります。

頚椎は各方向に動きやすく、肋骨が付着する胸椎は比較的動きにくく、腰椎は前後方向(屈曲伸展)が得意です。

特徴に従って腹側筋群と背側筋群がバランスを取り合いながら、活動を行っているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  2. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  3. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  4. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  5. 2015-5-30

    核内受容体PPARγと肥満の関係

    肝臓は、糖質および脂質代謝を担う主要な組織であり、エネルギー代謝の中心的役割を担う組織です。…
ページ上部へ戻る