距骨下関節の適合と不適合

距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。

それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真っすぐの位置となります。

つまり内がえしや外がえしを伴なっていない肢位です。

これは正常な足部が水平面で静止しているか、両側に対称的な支持を持っている状態です。

このとき、後方の距骨下関節面は互いに完全に対応しています。

距骨頸の関節面は踵骨載距突起の関節面に乗り、距骨頭の中間関節面は踵骨前方突起の水平な関節面に乗っています。

この中間肢位は靭帯ではなく重力によって支持されるため安定しており、長時間保持することができます。

他の肢位は安定しておらず、多少なりとも関節不適合を招きます。

例えば、外がえし時、踵骨前端は外側へ動き、内側面が下方に下がります。

このとき、2つの関節面は回旋軸として接触します。

距骨下関節面は踵骨後上関節面の前下方へすべり落ち、足根洞にぶつかります。

そのため、踵骨後上関節面を後上部がみえてきます。

前方では小さな距骨関節面が斜面となっている踵骨の関節面と接しながらすべります。

このため、距骨の中間関節面と踵骨の関節面の2つの関節面が外がえしの関節面と呼ばれます。

それに対して、内がえしは踵骨は逆の動きを行います。

前端は内側へ動き、外側面が下方に下がります。

大きな距骨下関節面は、踵骨後上関節面を上方へすべりあがり、前・下部がみえてきます。

前方では、距骨の内がえしの関節面が踵骨前方突起の水平な関節面の上に乗ります。

これら2つの肢位は明らかに不安定で、関節不適合の肢位となります。

そのため靭帯には最大の負荷がかかり、短時間しかこの肢位を保持できません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-28

    エコノミークラス症候群を考える

    エコノミークラス症候群とは、循環障害のひとつで、深部静脈血栓症や塞栓症などの疾患概念となります。…
  2. 2015-4-14

    神経系とは

    神経系は、末梢からの刺激を受け取り、これに対して興奮を起こす中枢神経系と、刺激や興奮を伝導する末梢神…
  3. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  4. 2015-6-12

    PC症候群

    通常、腰椎は軽く前弯している。この腰椎前弯には、骨盤傾斜が深く関係している。骨盤…
  5. 2017-5-15

    暑熱順化と運動トレーニングの影響

    私たちが運動トレーニングを続けたり、暑熱環境にたびたびさらされると、深部体温や皮膚温が上昇して発汗す…
ページ上部へ戻る