つま先立ちのバイオメカニクス

足関節の底屈筋の機能的な強さは、しばしばつま先立ちの繰り返しを行うことで評価されます。

つま先立ちによって、体を最大に挙上させるには、同時に発生する2つの内的屈曲トルク、1つは距腿関節、もう1つは中足指節関節の相互作用を必要とします。

腓腹筋に代表される底屈筋群は、ほぞ継ぎのなかでの距骨と踵骨の回転によって距腿関節を屈曲します。

しかし、体の挙上に使われる主要なトルクは中足指節関節の伸展によって生じます。

足指の回転の内外軸周りに活動する腓腹筋は、体重の外的モーメントアームをはるかに超える内的モーメントアームが備わっています。

支点が中足指節関節で第2のてことして機能する腓腹筋は、人が手押し車で重量物を持ち上げるのと同様の力学を使用して体を持ち上げます。

例えば、腓腹筋が3:1の力学的有利性で機能するとして筋は底屈位を支持するために体重の1/3程度の持ち上げ力で済みます。

生体では、支持する負荷より小さい力を筋が生むことはほとんどありません。

また、中足指節関節で十分にゆとりがある伸展が行えることも重要で、底屈筋群はこれらの関節を使って内的モーメントアームを増加させるだけでなく、これらの関節の完全伸展によるウインドラス効果によって足底筋膜を引っ張り、緊張させます。

この活動は、内在筋による内側縦アーチの支持と前足部の堅さ保持を助け、それによって足部が体重不可を受け入れることを可能とします。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  2. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  3. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  4. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  5. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
ページ上部へ戻る