つま先立ちのバイオメカニクス

足関節の底屈筋の機能的な強さは、しばしばつま先立ちの繰り返しを行うことで評価されます。

つま先立ちによって、体を最大に挙上させるには、同時に発生する2つの内的屈曲トルク、1つは距腿関節、もう1つは中足指節関節の相互作用を必要とします。

腓腹筋に代表される底屈筋群は、ほぞ継ぎのなかでの距骨と踵骨の回転によって距腿関節を屈曲します。

しかし、体の挙上に使われる主要なトルクは中足指節関節の伸展によって生じます。

足指の回転の内外軸周りに活動する腓腹筋は、体重の外的モーメントアームをはるかに超える内的モーメントアームが備わっています。

支点が中足指節関節で第2のてことして機能する腓腹筋は、人が手押し車で重量物を持ち上げるのと同様の力学を使用して体を持ち上げます。

例えば、腓腹筋が3:1の力学的有利性で機能するとして筋は底屈位を支持するために体重の1/3程度の持ち上げ力で済みます。

生体では、支持する負荷より小さい力を筋が生むことはほとんどありません。

また、中足指節関節で十分にゆとりがある伸展が行えることも重要で、底屈筋群はこれらの関節を使って内的モーメントアームを増加させるだけでなく、これらの関節の完全伸展によるウインドラス効果によって足底筋膜を引っ張り、緊張させます。

この活動は、内在筋による内側縦アーチの支持と前足部の堅さ保持を助け、それによって足部が体重不可を受け入れることを可能とします。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  2. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  3. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  4. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  5. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
ページ上部へ戻る