回外筋と上腕二頭筋の関係

回外筋の近位付着は広範であり、表在性線維は、上腕骨外側上顆と外側側副靭帯、輪状靭帯から起こっています。

深部線維は、尺骨の回外筋稜付近およびそれに沿って起こります。

両筋線維は、橈骨の近位1/3の部分に沿って付着します。

回内位では、回外筋はねじれ引き伸ばされ、前腕を回外させる最良の位置にあります。

回外筋は上腕骨にほんの一部付着していますが、肘での内側-外側回転軸に近すぎるため屈曲あるいは伸展トルクを生じることはほとんどありません。

回外筋は読んで字のごとく、絶え間なく働く前腕回外筋であり、肘屈曲に働く上腕筋と類似しています。

回外筋は肘の角度、それに運動時の速度やパワーに関係なく、回外中の筋電図活動は有意な値を示します。

上腕二頭筋もまた主要な回外筋ですが、通常はとくに肘の屈曲を伴う高パワー動作の際に働きます。

上腕二頭筋は、前腕の強力な回外筋として働き、回外筋に比べ、約3倍の生理学的横断面積を持ちます。

回外筋としての二頭筋は、特に肘を90°に屈曲して急速で力強い回内から回外への一連の運動中に二頭筋を触診することによって検証できます。

前腕が回内位にあるとき、二頭筋腱は橈骨近位端に巻き付いています。

完全回内位から二頭筋を自動的に収縮させることによって橈骨は回外位へと急速に軸回旋します。

二頭筋の回外筋としての効率は肘が約90°屈曲位にあるときに最高になります。

このため肘は多くの高パワーの回外を必要とする課題動作の際、ごく自然に90°屈曲位の保持されます。

90°肘屈曲位では、二頭筋腱は橈骨に90°の角度をなして付着します。

これにより、最大努力下での二頭筋の力全体の大きさんは、前腕の回旋軸にほぼ直角に生じるのを可能とします。

これとは対照的に、例えば肘を30°屈曲位にした場合では、二頭筋権が橈骨へ停止する角度は小さくなります。

この角度変化により回外トルクの発生能は、50%減少すると言われています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  2. 2016-1-23

    アクティブタッチとは

    私たちは、そこにあるモノが何かを知ろうとするときには、手や指を自由に動かし、それに触ることで判断して…
  3. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  4. 2016-3-14

    女性スポーツ選手と前十字靭帯損傷のリスク

    女性スポーツ選手は、同じ種目で類似レベルのプレーしている男性と比べると、ACL損傷に発生率は3〜5倍…
  5. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
ページ上部へ戻る