胸鎖関節の機能的特性

胸鎖関節は、鎖骨の胸骨関節面と胸骨の鎖骨切痕からなる関節になります。
またこの関節は、体幹と上肢帯を連結する唯一の関節でもあります。

前額面では鎖骨側の関節面が凸面で、胸骨側が凹面、矢状面では反対に鎖骨側の関節面が凹面で、胸骨側が凸面です。
このため、鎖骨の挙上時【上腕骨の挙上と連動)には鎖骨関節面は下方に滑り、下制時には上方に滑ります。
鎖骨の前方牽引時(上腕骨の水平内転と連動)には、鎖骨関節面は前方に滑り、後方牽引時には後方に滑ります。
胸鎖関節の関節面の凹凸は浅く、平面に近い形状のため、上腕骨の外転と屈曲に伴う鎖骨の挙上と後方回旋(複合運動)が可能となります。

胸椎の後弯が亢進すると左右の肩が前方に変位するため、胸鎖関節では鎖骨が前方牽引した状態となります。
胸椎後湾が亢進している場合は、この関節が大・小胸筋の緊張・短縮によって前方牽引変位(後外方への制限を起こしている場合が多い)した状態になります。
また、一側だけの肩の前方移動変位もよく観察される変位です。

見過ごされがちな関節ではありますが、肩の動きに影響のある関節なので、コンディショニングの際に考慮した上でのアプローチが必要となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-16

    運動中の水分補給

    皆さんは、運動中に何を飲んでいますか?水、お茶、スポーツドリンクのうちのどれかに当てはまる方…
  2. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  3. 2015-5-22

    アルコール代謝によるRedox Shiftとは

    ダイエットはしているけどお酒は飲む。ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのでは…
  4. 2015-5-7

    食事の摂取に関するポイント

    カロリーや栄養バランスを管理することも、体重の増減や生活習慣病などに関わってくるので、食事の習慣とし…
  5. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
ページ上部へ戻る