炎症に伴う血管の変化

炎症の4徴候のうち、発赤と発熱は血管径の変化によるものです、

組織の傷害で血管が破損すると、破損した血管を止血するために血小板が凝固する化学反応が始まります。

すると、血小板からセロトニン、血管内皮細胞からエンドセリンが放出され、その作用により血管は一過性に強く収縮します。

すると、数秒間ではありますが、虚血状態に陥ります。

同時に、血清中のカリクレインがキニノーゲンを分解してブラジキニンが産生されます。

そして、ブラジキニンが組織内の肥満細胞を刺激すると、ヒスタミンが放出されます。

ブラジキニンとヒスタミンが作用すると、血管が拡張子、血流の増加が生じます。

そして発赤と発熱の徴候が現れます。

血管が拡張すると、血流速度は緩やかになります。

血管拡張の結果、細動脈・毛細血管・臍静脈の血圧は高くなり、血漿成分を含まない水分が血管から滲み出てきます。

この現象を濾出といいます。

ただし、この現象は直後に起きる血管透過性の変化により隠されてしまいます。

血管が拡張すると、間もなくして血管透過性が亢進します。

炎症の4徴候の1つである腫脹は、血管透過性の亢進によるものです。

血管透過性の亢進は、肥満細胞から放出されたヒスタミン、血液凝固系の反応産物であるブラジキニンの作用によります。

ヒスタミンとブラジキニンが血管内皮細胞に作用すると、血管内皮細胞は収縮します。

前述のとおり、ヒスタミン、ブラジキニンは血管を拡張させ、この状態で血管内皮細胞が収縮すると、血管内皮細胞と隣接の血管内皮細胞が離れ、隙間が生じることになります。

隙間が出現すると、そこからタンパク質に富んだ血漿が滲み出てきます。

この現象を滲出といいます。

滲出の結果、血管周囲の組織は血漿成分を多く含むことになり、浮腫が生じます。

一方、血管内の血液は血漿成分を失い、赤血球と白血球が濃縮されることになります。

その結果、血液の粘性が高まって流れにくくなり、血流速度が低下し、時には血液の流れが完全に止まることもあります。

これは血行静止といい、発赤が持続する原因の1つとなります。

血漿成分の滲出、組織の浮腫が進行すると、組織の体積が増加した肉眼的にも腫れ上がってきます。

これを腫脹といいます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
  2. 2016-12-13

    競技力アップのための「専門スキル」

    いかにダイナミックな競技動作の中で、パワーを上手に発揮するのかという点についてのポイントは「反動をつ…
  3. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  4. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  5. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
ページ上部へ戻る