人間の身体には、多くの関節がありますがそれぞれの関節により、動かせる範囲(関節の可動域)は異なります。

例えば、肩関節であれば、屈曲180°、伸展50°、外転180°、内転0°、股関節であれば屈曲125°、伸展15°、外転45°、内転20°など
関節の正常な可動域はそれぞれの関節により異なります。

この関節の正常な可動域の制限が起こりやすいのが
ケガをした後です。
靭帯損傷や骨折、肉離れの後遺症などで可動域に制限が起こりやすくなります。
ケガが治っても、可動域制限がある状態で動いていくと制限があることで他の部位によって動きを補うようになります。
その状態でそのまま身体を動かし続けるとケガの再発や他の部位に痛みが発生したりと悪循環になりやすい為、いかにケガからのリハビリの段階で関節の可動域の制限も取り除いていくことが重要です。

では、関節の可動域制限が起こる原因は大きく分けて4つです。
①靭帯②筋肉③癒着④骨・軟骨の損傷

一つ目の靭帯による可動域制限について、今日は触れていこうと思います。
靭帯損傷の場合、ギブスなどで長期間関節を固定していると、損傷した靭帯が固くて伸びの悪い状態で治ってしまった場合です。
本来はケガをした靭帯が自然に治っていくのに組織を伸び縮みさせていくと効果的ですが、ギブスを巻いていると組織の伸び縮みができない状態がつづき、靭帯が固くなってしまいます。この伸びの悪い靭帯が関節可動域を制限する原因になることがあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  2. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  3. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  4. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  5. 2017-2-14

    持久力の種類

    ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。1つは、「有酸素性持久力」であり、これは…
ページ上部へ戻る