熱産生と熱喪失

熱産生

生体の熱産生(heat production)は、肝臓と骨格筋における物質代謝に伴う化学反応によっています。

産生された熱は、血液循環によって、全身に伝えられます。

その他の熱源としては、温かい飲食物があります。

熱は常に産生と喪失が随伴していますが、この熱喪失が熱産生より大きくなると、

  • 発汗の減少(reduced sweating):皮膚からの熱喪失を防ぐ。
  • 代謝亢進(metabolism increases):とくに肝臓における代謝が高まり、熱産生を増やす。
  • 血管収縮(vasoconstriction):皮膚小動脈の収縮によって、皮膚表面からの熱喪失を防ぐ。
  • 身震い(shivering):不随意の筋収縮によって、熱産生を防ぐ。

が起こります。

熱喪失

それに対して、熱喪失は、主として皮膚を通じて、血液からの放射(radiation)、対流(convection)、伝導(conduction)によって起こります。

これらは受動的な熱喪失の機序となります。

その他に、尿、便、呼気からも熱は失われます。

積極的な熱喪失の機序に蒸発(evaporation)があります。

発汗による(sweating perspiration)による水の蒸発によって、約580cal/gの熱が放散されます。

汗が皮膚上に液体として認められる前に蒸発する場合を不感蒸散(insensible perspiration)といいます。

大気温が高いときには、熱喪失の90%以上が発汗によって行われます。

熱産生が熱喪失より大になると、

  • 発汗の増加(increased sweating):蒸散による皮膚からの熱放散を増やす。
  • 血管拡張(vasdilatation):皮膚の小動脈の拡張によって、皮膚表面からの熱喪失を増やす。

が起こります。

運動による発汗は、エクリン腺の分泌物であり、98%が水であり、食塩0.3%、乳酸0.07%、尿素0.03%、微量のアンモニアを含んでいます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  2. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  3. 2014-12-1

    ヒトの生命維持装置とも言えるホメオスタシス

    今日は、ホメオスタシスについてお話します。まずホメオスタシスとは?についてですが、簡単にいえ…
  4. 2015-3-21

    肺呼吸の必須条件は「水」

    肺とは、水よりも比重や粘性が小さく、扱いやすい空気を呼吸媒体として発達した呼吸器である。魚類がも…
  5. 2016-2-11

    IAP(腹腔内圧)の上昇能と動的制御・パフォーマンスアップ

    体幹は身体質量の約65%を占めドロップジャンプ動作の着地局面における体幹の慣性モーメントは下肢の慣性…
ページ上部へ戻る