熱産生と熱喪失

熱産生

生体の熱産生(heat production)は、肝臓と骨格筋における物質代謝に伴う化学反応によっています。

産生された熱は、血液循環によって、全身に伝えられます。

その他の熱源としては、温かい飲食物があります。

熱は常に産生と喪失が随伴していますが、この熱喪失が熱産生より大きくなると、

  • 発汗の減少(reduced sweating):皮膚からの熱喪失を防ぐ。
  • 代謝亢進(metabolism increases):とくに肝臓における代謝が高まり、熱産生を増やす。
  • 血管収縮(vasoconstriction):皮膚小動脈の収縮によって、皮膚表面からの熱喪失を防ぐ。
  • 身震い(shivering):不随意の筋収縮によって、熱産生を防ぐ。

が起こります。

熱喪失

それに対して、熱喪失は、主として皮膚を通じて、血液からの放射(radiation)、対流(convection)、伝導(conduction)によって起こります。

これらは受動的な熱喪失の機序となります。

その他に、尿、便、呼気からも熱は失われます。

積極的な熱喪失の機序に蒸発(evaporation)があります。

発汗による(sweating perspiration)による水の蒸発によって、約580cal/gの熱が放散されます。

汗が皮膚上に液体として認められる前に蒸発する場合を不感蒸散(insensible perspiration)といいます。

大気温が高いときには、熱喪失の90%以上が発汗によって行われます。

熱産生が熱喪失より大になると、

  • 発汗の増加(increased sweating):蒸散による皮膚からの熱放散を増やす。
  • 血管拡張(vasdilatation):皮膚の小動脈の拡張によって、皮膚表面からの熱喪失を増やす。

が起こります。

運動による発汗は、エクリン腺の分泌物であり、98%が水であり、食塩0.3%、乳酸0.07%、尿素0.03%、微量のアンモニアを含んでいます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-19

    Gate Control Theory

    Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発…
  2. 2015-7-20

    滑液の特性

    滑液は滑膜関節のほか、滑液包や腱鞘に存在します。滑膜関節における滑液は透明、もしくは淡い黄色で粘…
  3. 2016-9-4

    胸椎のアライメント

    上半身の動きで重要となる『胸椎のアライメント』。非対称的な日常動作など何らかの原因で、胸…
  4. 2015-3-9

    タンパク質のネットバランスとは?

    糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質…
  5. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
ページ上部へ戻る