鞭打ち損傷と頸椎過伸展

交通事故による鞭打ち損傷において、特に損傷が生じやすい部位は頸椎でも軟部組織だと言われています。

頸追過伸展による鞭打ち損傷は、頸椎過屈曲による鞭打ち損傷よりも一般に軟部組織により大きな伸長が加わります。

この過伸展は大きな可動域をもたらし、頭頸部屈曲頭頸部屈筋、頚部内臓、その他前方に存在する結合組織を相当な力で強く引っ張ると同時に、頸椎椎間関節や頸椎後部に過度な圧迫を加えます。

逆に、最大屈曲は、顎が胸部にぶつかることで部分的にブロックされます。

しかし、通常はほとんどの車に装備されているヘッドレストによって頭部が補助されることで衝突による過伸展は制限され、損傷は軽減されます。

過伸展損傷は、自動車の後方衝突により生じるものがほとんどであると言われています。

衝突と同時に、頭頸部は急激に引っ込み、その後長く、過伸展にさらされます。

短い引き込み期は普通、頭蓋骨がヘッドレストにあたる前に終わります。

頸椎中・下位の前縦靭帯は、この保護されていない時期に特に損傷されやすいと考えられています。

翼状靭帯は、後方衝突の長く過伸展される時期、とくに衝突の瞬間に頭部が回転するときに特に損傷されます。

さらに、鞭打ちによる強い過伸展は屈筋、特に頸長筋と頭長筋に過度の伸長を与えることが研究で示されています。

ある研究では、組織損傷を起こしうるレベルの伸長が頸長筋で計測されています。

過伸展損傷を受けた人ではしばしば、頸長筋部に明らかな圧痛と防御的スパズムが認められます。

頸長筋のスパズムは、正常な前弯を消失した過剰な頸椎直立化を起こしやすく、痛みがある人は肩をすくめ僧帽筋上部線維によって起こる動作が困難となります。

頸長筋と他の屈筋が痛みのために十分に収縮できない場合、僧帽筋上部線維は頸部の安定した付着を得られないため、肩甲帯の有効な挙上筋となりえません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  4. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  5. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
ページ上部へ戻る