グルコーストランスポーターとは

グルコースは促通拡散によって細胞内に取り込まれるか、あるいは腸や肝臓では、Na+とともに二次性能動輸送によって細胞内に取り込まれます。

筋肉、脂肪その他の組織では、インスリンは、細胞膜のグルコーストランスポーターの数を増やすことによって細胞内へのグルコース取り込みを促進します。

グルコースが細胞膜を通過して流入する促通拡散の過程を担うグルコーストランスポーターは、細胞膜を12回貫通する共通した構造をもつたんぱく質ファミリーに属し、それらのN末端とC末端は細胞内に存在しています。

グルコーストランスポーターは発見順にしたがってGLUT1からGLUT7と呼ばれる7種からなります。

これらのキャリアは、492個~524個のアミノ酸残基から構成され、それぞれグルコース親和性は異なります。

つまり、それぞれ特有の働きを担っているものと考えられ、GLUT4は、筋肉と脂肪組織に局在しインスリンによって刺激されるトランスポーターです。

GLUT4分子はインスリン感受性細胞の細胞質の小胞に予備的に貯蔵されています。

これらの細胞のインスリン受容体が活性化されると、小胞は直ちに細胞膜に向かって移動しこれと融合し、その結果トランスポーターが細胞膜に移動します。

インスリンの作用が止まると、トランスポーターを含む細胞膜の領域はエンドサイトーシスが起こり、小胞は次のインスリン刺激に対し準備を整えます。

インスリン受容体活性化による小胞の細胞膜への移動は、ホスファチジルイノシトール3キナーゼ(PI3キナーゼ)の活性化によりますが、PI3キナーゼ活性化が小胞の移動をもたらす機構はまだ解明されていません。

一方、インスリン感受性をもたない他のタイプのグルコーストランスポーターのほとんどは細胞膜にとどまっていると考えられています。

インスリンが細胞膜グルコーストランスポーターの数を増す組織において、いったん細胞内に入ったグルコースのリン酸化速度は他のホルモンによって調節されます。

特定の組織では成長ホルモンとコルチゾールの両方がリン酸化を抑制します。

しかし、このリン酸化過程は正常では極めて速く進むので、グルコース代謝の律速段階とはなりません。

インスリンはグルコースの幹細胞内への移動も増大させますが、この効果は細胞膜GLUT4トランスポーター数の増加によってもたらされるものであると考えられています。

インスリンがグルコキナーゼを誘導し、それがグルコースのリン酸化を増大させ、その結果細胞内の遊離グルコース濃度が低い値にとどまり、グルコースの細胞内の移動が促進されるのです。

インスリン感受性組織は、上記の小胞に加えてインスリン作用に依存せず運動に応答して細胞膜に移行する別の種類のGLUT4小胞をもっています。

これが運動が血糖を下げる理由になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  2. 2017-1-25

    メカニカルストレス

    メカニカルストレスとは、「力学的ストレス」のことで、何かを持ち上げたり引っ張ったりするときに筋肉や腱…
  3. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  4. 2016-1-6

    持続的な伸張に対する筋の適応

    伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たし…
  5. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
ページ上部へ戻る